流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





セブンイレブン/伊藤久右衛門監修ほうじ茶「クレープ」「ティラミスパフェ」

2021年09月17日 12:30 / 商品

セブン‐イレブン・ジャパンは9月21日から、京都宇治の老舗お茶屋「伊藤久右衛門」監修のほうじ茶スイーツ2品を順次発売する。

<ほうじ茶クレープ>
ほうじ茶クレープ

「ほうじ茶クレープ」(税別178円)、「ほうじ茶ティラミスパフェ」(278円)をラインアップ。ほうじ茶を使用したスイーツは、香りの良さや香ばしさを楽しめるスイーツとして人気がある。丹念にいりあげ、かぐわしい香りを楽しめるほうじ茶パウダーを今回のスイーツに使用した。

外出を控える状況が続く中、身近な店で「伊藤久右衛門」監修のスイーツが購入でき、上質なおうち時間を楽しめるよう、今回も「伊藤久右衛門」専属シェフの吉本多可人グランシェフが監修し、お茶の香りを最大限に引き出したスイーツに仕上げたという。

「ほうじ茶クレープ」は、ほうじ茶を使用した濃厚なクリームと、ほうじ茶ホイップクリームを、もっちりとしたクレープ生地で包み込んだ。

<ほうじ茶ティラミスパフェ>
ほうじ茶ティラミスパフェ

「ほうじ茶ティラミスパフェ」は、ほうじ茶味のわらび餅やマスカルポーネチーズ、ほうじ茶ホイップクリームを重ね、きな粉をまぶしたパフェとなっている。

ともに沖縄を除く全国で発売する。

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧