メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ミネラルウォーター/購入場所は「スーパー」が58.2%、「コンビニ」は35%

2022年02月21日商品

伊藤忠グループのリサーチ会社、マイボイスコムは2月21日、10回目となる「ミネラルウォーターの飲用」に関するインターネット調査の結果を発表した。

調査では、普段どのような水を飲むことが多いかを聞いたところ、「水道水をそのまま飲む」「市販のミネラルウォーターを購入して飲む」が、それぞれ4割弱、「浄水器に通したものを飲む」と32.9%がk答えた(複数回答)。「水道水をそのまま」は、北海道、東北、北陸で6割前後となった。関東では、「市販のミネラルウォーター類」「浄水器に通した水」が、やや高かった。

<市販のミネラルウォーターの飲用頻度>

ミネラルウォーターの飲用頻度について調べたところ、市販のミネラルウォーターを飲む人は7割弱だった。関東や近畿で高く、北陸で低かった。週1回以上飲む人は3割弱、ミネラルウォーターの飲用者の4割だった。年代では10~30代の男性の比率が高かった。

直近1年間に飲用したミネラルウォーターについては、コカ・コーラの「い・ろ・は・す」(39.7%)、次いでサントリーの「サントリー天然水」(36.7%)、アサヒ飲料の「おいしい水 天然水 六甲/富士山」(25.5%)となった(複数回答)。飲用頻度が週に1回以上の層では「サントリー天然水」、月に数回以下の層では「い・ろ・は・す」が1位だった。

ミネラルウォーターの飲用場面では、「のどが渇いた時」(42.2%)トップで、「水分補給」(35.2%)、「お風呂上がり」「起床時」「仕事・勉強・家事の合間」が、それぞれ2割強となった(複数回答)。飲用頻度が週に5回以上の層では、「のどが渇いた時」「起床時」が上位2位で、ほかの層よりも高くなった。

<ミネラルウォーターの購入場所>

ミネラルウォーターの購入場所は、「スーパー」(58.2%)、「コンビニエンスストア」(35%)、「自動販売機」(23%)の順となった(複数回答)。2016年での調査と比べて、「ドラッグストア」が増加した。また、「い・ろ・は・す」と「エビアン」を主に飲む人は、「コンビニエンスストア」の比率が高かった。

ミネラルウォーター購入時の重視点に対しては、「価格」(54.5%)が最も多く、「味」「商品名」「メーカー」が、それぞれ20%台となった(複数回答)。「富士山のバナジウム天然水」と「エビアン」を主に飲む人では、「価格」が、ほかの層より低かった。

<ミネラルウォーターの使用場面>

ミネラルウォーターの使用場面では、「自宅で水を飲む」が41%、「外出時に持ち歩いて飲む」が35.3%、「食事のときに飲む」「災害時の備蓄用」が、それぞれ1割強となった(複数回答)。

調査は1月1日~5日に実施し、1万85件の回答を集めた。また、調査対象のミネラルウォーターには、ウォーターサーバー、味や香りがついた商品は含まれていない。

■ミネラルウォーターの飲用に関するアンケート調査(第10回)
https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=28201

■問合せ先
マイボイスコム
https://www.myvoice.co.jp/
Mail:otoiawase@myvoice.co.jp
TEL:03-5217-1911

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方