メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

楽天ビック/キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店辞退

2019年10月04日EC

家電ECサイト「楽天ビック」を運営するビックカメラ楽天はこのほど、経済産業省が実施する「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象店を辞退すると発表した。

<楽天ビック>
楽天ビック

10月8日12時(正午)をもって、キャッシュレス・消費者還元事業の対象店から外れる。10月1日から「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗として登録・参加していたが、事業の趣旨などをあらためて勘案した結果、事業への参加を辞退するという。

ポイント還元事業は10月1日~2020年6月末、中小・小規模事業者を対象に、キャッシュレス決済を利用すると決済金額の5%のポイントを国が補助する制度となっている。

2018年12月20日に官報に発表したビックカメラ楽天の第1期決算公告によると、同社の資本金は1億円だった。

2019年4月10日に官報に発表した楽天ビックの第1期決算公告によると、同社の資本金も1億円だった。

■楽天ビック
https://biccamera.rakuten.co.jp/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方