流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





楽天/「送料込みライン」一律適用変更、店舗選択制に

2020年03月06日 15:10 / EC

楽天は3月6日、共通の送料込みラインの一律適用を変更し、店舗が選択できる制度にすると発表した。同日、実施したWEB会見で明らかにした。

<新しい施策の概要>
新しい施策の概要

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、3月18日からは、準備が整った一部の店舗のみが、共通の送料込みラインを導入する。そのほかの店舗は、店舗が送料込みラインを適用しない設定ができる。

CEO戦略イノベーション室の川島辰吾氏は「共通の送料込みラインで売上が上がる想定であり、今回、準備ができた店舗のみでスタートする判断をした。新型コロナウイルス感染拡大後の施策については、今後の情勢が不確定となっている。まずは、店舗の準備の状況を、しっかりと尊重していきたいと思う」と述べた。

また、「店舗の送料込みラインの設定は無期限となっている。共通の送料込みラインについて、店舗とはコミュニケーションをしてきた。楽天友の会の発表にもあるように、送料込みラインに対する店舗の期待は高く、お客様からの期待も高いため、3月18日から、準備が整った店舗から、送料込みラインをスタートすることにした」と語った。

さらに、「もし、共通の送料込みラインを導入することで、店舗の利益が減ってしまうことがあれば、店舗への支援をしていきた」という。

3月18日からの参加店舗数については、「どの程度の店舗が、共通の送料込みラインを選択しないのかは分からない。ただ、送料込みラインを導入する準備をしてきた店舗もあり、店舗の施策をしっかりとサポートすることで、共通の送料込みラインを始めやすい環境を作っていきたい」と述べた。

関連記事

関連カテゴリー

EC 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧