流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





クオール/都内の「グリーンローソン」に処方せん医薬品受取ロッカー設置

2022年11月28日 13:50 / EC

クオールホールディングスは11月28日、ローソンが東京都豊島区に展開する「グリーンローソン(ローソン北大塚一丁目店)」に処方せん医薬品受取ロッカーを設置した。

<処方せん医薬品受取ロッカー>
処方せん医薬品受取ロッカー

処方せん医薬品を調剤薬局の営業時間外にロッカーで受け取る仕組みは、首都圏を中心に広まっている。ロッカーを活用することで、「感染対策として非対面・非接触で受け取りたい」「深夜など都合のよい時間に受け取りたい」など、様々な患者のニーズに対応することが可能となる。クオールでは、業界に先駆け2020年11月からロッカー設置を進めてきた。

「グリーンローソン」では、アバターやDXを活用した温かい接客や環境負荷軽減の施策など、先進的な取り組みがなされている。ここへクオールが参画することにより、新たな処方薬受け取りシーンやニーズを開拓する。

今回は、JR大塚駅近くのグリーンローソンとローソン大塚駅南口店へ処方せん医薬品受取ロッカーを設置した。患者は、クオール薬局大塚1号店、クオール薬局大塚2号店の薬剤師からオンライン服薬指導を受けた後、都合のよい時間帯にロッカーから薬を受け取ることができる。ロッカー受け取りは、預け入れ後4日間有効となる。

オンライン服薬指導・処方箋医薬品の受け取りまで一気通貫で、患者が非対面・非接触で安心安全に服薬できる体制を構築するという。

■クオールの関連記事
クオールHD/厚労省に新型コロナ抗原検査キットの国内製造販売申請

関連記事

関連カテゴリー

EC 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧