小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東京都/バー、ナイトクラブなど接客を伴う飲食業の利用自粛要請

行政/2020年03月30日

東京都の小池百合子知事は3月30日、記者会見を開き、バー、ナイトクラブなど接客を伴う飲食業、カラオケ、ライブハウスへの出入りを自粛するよう要請を出した。あわせて、対象事業者に対する都独自の支援策も検討することを明らかにした。

小池知事 先週から都内におきましては、感染者数がさらに増加をいたしております。そして今がまさに、感染拡大を抑えれらるかどうか、その重大な局面でございます。先日も申し上げましたように、感染爆発重大局面、ここには、変わりはございません。

そして、これまでの都内の感染者の状況でございますが、最近は海外からの帰国者に加えまして、感染経路が不明な方が増えている。そのことが特徴でございます。本日、新たに判明した患者さんの数ですが、13名でございます。これまでの累計の患者数は、これで443名になりました。一方で、回復されて退院になった方は、40名ほどいらっしゃいます。亡くなられた方々8名おられます。

この件に関しまして、本日、東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議におきまして、厚生労働省対策本部クラスター対策班の専門家でいらっしゃいます西浦教授からご報告がございました。

報告によりますと、感染経路が不明な症例のうち、夜間から早朝にかけて営業している、バー、ナイトクラブ、酒場など接客を伴う飲食業の場で感染したと疑われる事例が、多発している。そのことが明らかになったとの報告でした。

こうした場は、感染のリスクが高いとされてます三つの密ですね。換気の悪い密閉空間、多くの人が密集する場所、近距離での密接した会話、この三つの密がより濃厚な形で重なる場となっております。

本日のクラスター対策班からのご指摘も踏まえまして、都民の皆様には、こうした場への出入りを控えていただくようにお願いしたい。今日は、その場でございます。

特に若者の皆様には、カラオケ、ライブハウス、中高年の方がにつきましては、バーやナイトクラブなど接客を伴います飲食店などに行くことは、当面、お控えいただきたい、自粛していただきたいということでございます。

今回の新型コロナウイルス感染症を原因としまして、さまざまな影響を受けている宿泊施設、そして飲食店、いま申し上げました方々など、中小の事業者、そしてまた、従業員へのさらなる支援は、国に強力な支援を要望して参ります。同時に、都独自の対策も今後、考えて参りたいと思います。

都民の皆様方には、すでに4月12日までの間、この三つの密を避けていただく行動をお願いするとともに、平日の夜間の外出、この週末もご協力をいただきましたが、週末の不要不急の外出をお控えいただきますように、お願いしております。

感染しても症状の出ない方、症状の軽い方が無意識のうちにウイルスを拡散させること。このことがないように、一人一人が自分自身のことと考えて、適切な行動を取っていただきたい。感染者の爆発的増加、いわゆるオーバーシュートを回避して、命を守るため、都民の皆様のご協力を改めてお願い申し上げます。

小池知事「知事の部屋」/記者会見(2020年3月30日)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧