小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

経産省/「キャッシュレス決済」中小店舗への普及促進で環境整備検討会

行政/2020年06月05日

経済産業省は6月3日、キャッシュレス・ポイント還元事業終了後も、キャッシュレス決済を更に推進するため、加盟店手数料や入金サイクルを含め、キャッシュレス決済の中小店舗への更なる普及促進に向けた課題や方策を検討するための検討会を開催すると発表した。

経産省は、2019年10月から実施しているキャッシュレス・ポイント還元事業を通じて、店舗・消費者双方に対してキャッシュレス決済の利用を促進している。

事業により中小店舗に一定程度キャッシュレス決済が広がったが、更なる普及促進に当たっては、中小店舗にとって、加盟店手数料の負担が重いこと、売上入金サイクルが長いことなど、いくつかの課題が存在している。

ポイント還元事業の対象決済のうち約6割が1000円以下の買い物であり、平均単価は2000円強であるなど、少額決済でのキャッシュレス利用(多頻度小口決済)が浸透しつつある。

このような昨今の決済を巡る状況の変化を踏まえ、例えば、加盟店とキャッシュレス決済事業者の間の通信に使われるシステムなど、決済事業者のコスト構造についても、新たな対応が求められている。

検討会では、ポイント還元事業の総括を行うとともに、キャッシュレス決済に関わる店舗や決済事業者、ネットワーク事業者等の観点を踏まえ、キャッシュレス決済の中小店舗への更なる普及促進に向けた課題や方策を検討する。

第1回検討会は6月10日(水曜日)に開催し、年内を目途に計5回程度開催する。

委員による率直かつ自由な意見交換を確保するため、検討会は非公開とするが、議事概要と発表者の了解の取れた資料は、原則公開する予定だ。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧