小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

小売業への提案/メーカー・卸との企業間取り組みの進め方(WEB開催)

セミナー/2020年06月05日

マーケティング研究協会は6月16日、オンラインセミナー『これが正しい!小売業への「取組提案/企業間取組」の進め方』を開催する。

日々のバイヤー商談だけではなく小売業と「企業間取組」を目指すメーカーが増えている。そもそも、企業間取組とは何を目指す営業活動なのか。その中で管理職・リーダー・マネジャーは何をすべきなのかを解説する。

セミナーでは、メーカー・卸の営業活動における「取組」とは何かを正しく理解することができ、現状の営業活動レベルをアセスメントシートで見える化する。「取組提案」「企業間取組」「JBP(ジョイント ビジネス プラン)」の枠組み・進め方が分かることを目指す。

メーカー・卸×小売業の「企業間取組」とは何なのか、どうあるべきかを事例を交えて学びたい人、小売業と取組はしているが、閉塞感があり、「新しいやり方」を試してみたい人、新たに営業リーダー・マネジャーになった人、なる予定のある人、管理職に対してのマネジメント力を強化したい営業幹部の人の受講を想定している。

■開催概要
開催日時:6月16日(火)13:00~17:00
開催形式:WEBセミナー
受講料:42,000円(税込)

■詳細・申込
http://www.marken.co.jp/seminar/2020/06/web_5.php

■講師紹介
谷雅之
所属マーケティング研究協会 トレードマーケティング部 顧問

略歴 
大学卒業後、ライオンに入社。
営業部門12年、マーケティング部門8年を経て、全社ビジネスモデル革新プロジェクトに参画。営業スタイル革新にあたり、新たな営業支援機能の必要性を当時の経営陣に直接提案し新部署設立に成功。POSデータをはじめとしたデータベースセリングの型をつくり、全社的な定着を推進。現在は、これまでの豊富な経験を活かし、消費財メーカーを中心に営業力強化のコンサルティングやトレーニングを数多く手掛けている。
生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

■プログラム
1.小売業とメーカーが置かれている環境の理解
・小売環境の変化と小売業の生き残り策
・デジタルメディアの強化と対応
・”来店頻度”に注目した戦略づくり
・POSやID-POSの開示を促進する小売業は増加中?
2.小売業との”取組”を強化する意義とは何か?~何のための企業間取組か
・企業間取組が無ければ実現できない事は何か
・取組提案におけるリーダー・マネジャーの役割は?
・得意先に提案する前に、社内で合意すべきこと
・ 取組提案の“デメリット”を最小限にするには?
3.目指すべき企業間取組像を理解する
・企業間取組実現のためのステップを理解する
・目標とするゴールは何か
・小売業/自社のメリットは何か
・対象小売業の今後の方向性
4.社内外との合意に不可欠な提案の戦略骨子の共有
・短期/中長期視点の目指す姿を掲げる
・目標に沿って、カウンターパートを設計する
・PDCA計画を検討し、進捗管理をする仕組みをつくる
・理想や綺麗ごとで終わらないよう実行まで具体化

■問い合わせ先
http://www.marken.co.jp/seminar/2020/06/web_5.php

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧