小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/10月増税までに全店にセルフレジを導入

ローソンは4月1日、消費税増税が10月1日に実施されるまでに、全店にセルフレジを本格導入すると発表した。

<セルフレジ>

2018年度に全店に導入した自動釣銭機付きPOSレジに搭載されているセルフレジモードを活用して導入するもの。

加盟店オーナーと相談しながら順次、セルフレジ導入店舗を拡大する予定だ。2010年頃から、セルフレジに関する実証実験を行い、本格展開を検討していた。

現在、ローソンでは1店1日あたりでレジに関する業務で18時間を使用している。セルフレジ導入店舗では、レジ業務を5時間削減できたという。

人手不足への対応に注目が集まる中で、レジ業務を効率化することで、マンアワーの削減を目指すため、セルフレジ導入店舗を拡大するという。

セルフレジは、クレジット、電子マネー、ポイントカードのポイント払いに対応する。

一方、現金、QRコード、クーポン、クオカード、デビットカードは使用できない。

各店舗に配置するレジのうち、何台をセルフレジに転換するかは、本部のスーパーバイザーが加盟店と相談しながら決定する。

現時点では、1店の店内ですべてのレジをセルフレジ化する計画はないという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧