メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ミニストップ/消費税増税でシステム障害、1円多い支払い発生

ミニストップは10月1日、同日0時~3時頃までの間、システム障害の影響で、1円以上多く料金を請求した事象が発生したと発表した。障害は3時には復旧し、現在、正常に稼働しているという。

<ミニストップ>
ミニストップ

本来の計算方法では、例えば、本体価格134円、値引額14円、値引後価格120円×税率8%で129円となるところ、0時~3次頃まで、税込価格144円、値引額14円、値引後価格130円と計算していた。

そのため、値引商品について、税率計算の関係でお客が、本来よりも多く支払っている事例があるという。

また、消費税率8%で販売すべき商品のレシートの税額表示が「内税」表示など誤っている可能性がある。ただし、総額についての誤りはなかった。

そのほか、消費税率10%で販売すべき商品を税率8%で販売した。その際のレシート表示が誤って「内税10%」となっていた。

該当の時間帯に買い物をしたお客で、レシートに誤りがある場合は修正し、差額が発生している場合は、買い上げの店舗で返金対応する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方