メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

吉野家/飲食店の間借り支援「シェアレストラン」掲載拡大

食マーケティング総合企業のfavyは6月2日、favyが運営する食のプラットフォーム「favy Store」に吉野家ホールディングスが運営する間借りマッチングプラットフォーム「シェアレストラン」を掲載し、飲食店と飲食店を間借りしたい利用者のマッチングを支援すると発表した。

マッチングした際に、グルメメディア「favy」で、その飲食店の集客支援を行う。

<シェアレストラン×favy>
シェアレストラン×favy

飲食業は開業希望者の多い業界でもあり、その数は15万人もいると言われている。しかし、実際に開業できたのは16%程度であり、資金不足や失敗時のリスクが主な理由となっている。

また、飲食業は参入障壁が低く競争が激しいため、せっかく融資を受け出店しても、事業が軌道にのらず一度失敗をしてしまうと、その投資の大きさから再挑戦が困難な業界とも言われている。

そこで、favyが運営する「favy Store」経由で「シェアレストラン」を申し込みすることで、飲食店と飲食店を間借りしたい利用者のマッチングを支援する。

さらに、「favy Store」経由で「シェアレストラン」に登録した飲食店には特典を用意した。マッチング後の新しいスタートをグルメメディア「favy」の記事で紹介し、集客支援をする予定だ。

今回の連携により、マッチング支援・集客支援だけでなく、飲食業界全体がビジネスモデルを見直す機会を創出する。

飲食店のためのプラットフォーム「favy Store」は、新しいメニュー導入や販促施策に積極的な全国30,000店舗超の意欲のある繁盛店へ、厳選した商品、サービスを紹介し、現時点で約200件のサービスが登録されている。

日本全国のおいしい食材のほか、調理器具、家具、ユニフォーム、清掃、予約サービス、店舗BGM、アプリなど飲食店経営に役立つありとあらゆるカテゴリーの商品をサイト掲載料なし、成果報酬なしで、全国の飲食店へ紹介する。

シェアレストランは、飲食店を通じ「新しい仲間の募集に取り組みたいオーナーと、低リスクで飲食店を開業したい利用者」をマッチングするプラットフォーム。

これから飲食店をはじめたい開業希望者は、「シェアレストラン」サイトから、飲食店やバー・レストラン・カフェなどの空き時間帯を検索し、好みに合う地区の店舗を月額定額で間借りすることができ、投資をせずに低リスクで飲食店を開業することができる。

また、飲食店オーナーは、保有店舗の空き時間の有効活用し収益化することで、より安定的な飲食店経営が可能になる。

■シェアレストラン掲載ページ
https://store.favy.jp/services/127

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方