メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

NEC/AIデータ分析で「新商品需要予測」精度を20%向上

NECは10月13日、顧客が保有するデータをAIで分析し、関連性が高い外部の公開情報と組み合わせてデータを補完・拡張するサービス「NEC Data Enrichment」を提供開始した。

<AIデータ分析で「新商品需要予測」精度を20%向上>
AIデータ分析

顧客から預かったデータをNECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つである「データ意味理解技術」で分析。関連性や類似性が高いとAIが判断した外部の公開情報と統合することで、データを補完・拡張して顧客に提供する。

データ意味理解技術は、NEC独自のアルゴリズムにより表データの行や列が持つ意味を高精度に予測し、類似性の高いデータ同士を自動的に統合することができる。同サービスはこのAIを活用することで、専門家が人手で行う場合と同等品質のデータ補完・拡張作業を、約10分の1程度の時間で完了することが可能だという。

NECは今年4月から7月にかけて、タイトーと共同で実証実験を実施し、同サービスにより補完・拡張されたデータを用いることで新商品の需要予測の精度を約20%向上できることを確認した。

NECは今後、データ分析が積極的に活用されている発注業務、商品開発業務などを中心に幅広い顧客に新サービスを提案し、今後3年間の累計で4億円の売上高を目指す。

より多くの企業や団体がデジタルトランスフォーメーションに着手する中で、社内外の様々なデータを効果的に分析し、そこで得られた知見を経営や事業運営に役立てたいというニーズが高まっている。

一方、複数のデータを統合して分析するためには、データの形式(表データの行や列が表す意味)が統一されていなければならず、専門家がデータの正規化・標準化・名寄せなどの準備工程を、膨大な時間をかけて行っているのが現状だ。

同サービスにより補完・拡張されたデータを用いることで、顧客はより多面的なデータ分析を行うことが可能。内部データだけでは得られない新たな知見を導出したり、分析結果の精度を向上したりすることができる。

データの補完・拡張作業はデータ分析の準備工程にあたり、通常はデータアナリストなどの専門家が膨大な工数をかけて行う。同サービスではその作業をAIにより自動化することで、専門家が人手で行う場合と比較して約10分の1の時間で同等品質の成果を得ることが可能。これにより、顧客は準備工程に関する業務を効率化できるほか、専門家のリソースをより付加価値の高い分析業務にあてられるようになる。

■NEC Data Enrichmentについて
https://jpn.nec.com/solution/dataenrichment/

■問い合わせ先
NEC コーポレート事業開発本部(NEC Data Enrichment担当)
general@dbm.jp.nec.com

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方