流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ベルク/Googleマイビジネス管理「Canly」導入で集客・販促強化

2020年12月09日 14:50 / IT・システム

ベルクは12月9日、Googleマイビジネスを管理するサービスCanly(カンリー)を導入すると発表した。

<ベルクGoogleマイビジネス管理「Canly」導入>
ベルクGoogleマイビジネス管理「Canly」導入

新型コロナウイルス感染拡大に伴った外出自粛の影響を受け消費者の外出頻度は大幅に減少し、最も身近なスーパーマーケットの利用行動も大きく変化している。

例えば、実店舗に訪問する前に必ず検索結果ページに表示されるスーパーの営業時間情報やレビューをチェックし、感染リスクを最小限にした上で利用したいと考えるようになった。スーパーは利用者同士の接点も多いことから、消費者がスーパーを選択する際の行動は以前よりも慎重さを増している。

小売業界にとってGoogleマイビジネス上で店舗情報(営業時間・電話番号)を正しく管理し、正確な情報を世の中へ提供することが重要になってきた。

「Google上で記載している営業時間と違っていた」「行きたいスーパーの電話番号が違っていた」といったトラブルも起きており、ベルクではこうしたリスク回避観点から、Googleマイビジネスを管理するサービスCanly(カンリー)を導入するもの。

Canly(カンリー)は、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービス(国際特許申請済)となっている。

Canly(カンリー)を導入することで、Googleマップ上の各店舗の情報を一括管理。クチコミ管理、Googleマイビジネス上の運用コストの大幅削減が可能となる。

これにより、コロナ禍の環境にマッチしたGoogleマップを起点とした集客やデジタルマーケティング強化を狙う。

■問い合わせ先
https://jp.can-ly.com/contact/

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧