小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カゴメ/トマトケチャップなど中国向け越境ECプラットフォーム「ワンドウ」で販売開始

中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するInagora(インアゴーラ)とカゴメは6月22日、販売・マーケティングの協働モデルで越境EC ビジネスを開始する。

<主に取り扱う商品>

インアゴーラは、カゴメの越境ECに関する全社戦略方針の検討に際し、情報・物流・決済などの課題をワンストップで解決できるサービスの独自性・先進性を評価され、越境ECパートナーとして選定された。

主に取り扱う商品は、中国の消費者の 「健康」のニーズに沿ったカゴメの主力商品(カゴメトマトジュース、野菜生活100、カゴメトマトケチャップなど)で、20~30代の女性(母親がメイン)など 健康意識の高い女性をメインターゲットとしている。

<商品一覧>

またカゴメは中国向け越境ECにおいて、飲料は既に販売実績があったが、トマトケチャップなどの食品類の取り扱いは初めてとなる。

今後はさらに商品数を増やすほか、ライブ配信などの手法も活用し販売促進に取り組む。

<豌豆(ワンドウ)プラットフォーム>

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧