流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





西武池袋本店/スマートコインロッカーを使った駅配サービス実験

2021年02月04日 13:30 / IT・システム

そごう・西武は2月8日、西武ホールディングスが提供する、スマートコインロッカーを使った駅配サービス「BOPISTA(ボピスタ)」を西武池袋本店にてトライアル導入する。

同サービスは、専用ウェブサイトで注文した西武池袋本店のおすすめ商品を、西武鉄道の駅構内に設置されるスマートコインロッカーで、自分の好きなタイミングで受け取ることができるという。

そごう・西武では現在、各店でバレンタイン催事「チョコレートパラダイス」を開催。今年はコロナ禍で迎えるバレンタインという事で、会場の感染予防対策を徹底するなど、ECサイトの販売を強化、非接触の販売方法導入を行っている。

今回西武池袋本店で、バレンタイン会場が一番混雑する期間に非接触のサービス「BOPISTA」を新たに取り入れることで、安心・安全なバレンタインの買物を提案する。

<取扱商品例>
取扱商品例

「BOPISTA」の実験は3月31日まで。実施提供駅は西武池袋線池袋駅、富士見台駅、所沢駅。取り扱い商品はスイーツ7ブランド13種類、コスメギフト3ブランド4種類の予定だ。

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧