流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ローソン/アバター事業を手掛けるAVITAと協業、アバターワーカーを公募

2022年09月22日 16:50 / IT・システム

ローソンは9月22日、アバター事業を手掛けるAVITAとの協業を発表した。

<使用するアバター>
使用するアバター
※左「そらと」さん、右「あおい」さん

「時間」や「場所」、「年齢」や「性別」、「さまざまな障害」に制約されない新たな働き方や、 アフターコロナにおけるリアル店舗での非接触の新しい接客実現に向けて2社で取り組むもの。

リモートワークの導入などコロナ禍を経て行動様式が変わり、コンビニエンスストアに求められるニーズも変化。一方、少子高齢化による人口減少や人手不足も深刻な問題となっている。AVITAは、アバター活用のメリットを、「人」の居場所を作り「人」の可能性を広げるものと考えている。両社は互いの思いに共感し、2022年4月からアバター技術活用の連携において本格的に検討を開始した。

<アバター研修の様子>
アバター研修の様子

今回、アバター活用による新しい接客と、シニア、子育て中の人、障がいのある人でも制約なく働くことができる環境を提供する。

アバター活用の協業第1弾として、2022年11月末に都内にオープン予定の未来型店舗「グリーンローソン」にAVITAのアバター接客サービス「AVACOM」を導入する。

アバターを活用した顧客の困り事サポートや新商品の説明、VTuberとのコラボレーションによるエンターテインメントの提供など、新しいコミュニケーションの実現を目指す。

今回の導入にあたり、9月22日からローソン公式ホームページにて、「グリーンローソン」のアバターワーカーを公募する。10~30人の採用を予定しており、合格者は指定の研修を受講した後、11月末から「グリーンローソン」で活躍する予定だ。

今後、「グリーンローソン」での検証を行った上で、2023年度中に東京・大阪のローソン10店舗で勤務する、ローソンが認定するアバターワーカー「ローソンアバターオペレーター」50人を育成する。さらに、2025年度中に全国各地のローソン店舗で活躍する「ローソンアバターオペレーター」1000人の育成を目指していく。

■ローソンアバターオペレーター公募
https://www.lawson.co.jp/lab/tsuushin/art/1458362_4659.html

■AVITAサービスサイト
https://avita-avacom.com/

■関連記事
ローソン/都内162店舗でAI値引き実験開始、粗利1%増目指す

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧