流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ゴールドウイン/恵比寿ガーデンプレイスに新業態など3店舗、DCMともコラボ

2022年09月22日 16:15 / 店舗

ゴールドウインは11月8日、恵比寿ガーデンプレイスに新業態「PLAY EARTH KIDS」、「THE NORTH FACE」、「NEUTRALWORKS.」の3店舗をオープンする。

<DCMと子どもの遊具をコラボと渡辺社長>
DCMと子どもの遊具をコラボと渡辺社長

恵比寿ガーデンプレイスは1994年に開業。30周年を前に、新たなメインターゲットを「ライフクリエイターズ(日々を自分らしく楽しみながら恵比寿のまちに暮らす・働く・訪れる人)」と定め、「センタープラザ」を中心に新しい過ごしかたを創造するまちに刷新。リニューアルのコンセプトは、彼らが集い、ゆるやかに交流する拠点「ライフクリエイターズ・リビング」と設定している。

従来の商業施設部分は三越が入居しており、その跡地であるセンタープラザは、物販店舗を集めた単なる商業施設ではない、「体感」「体験」型施設への成長を検討してきた。開発・リーシングを担うサッポロ不動産開発によると、ゴールドウィンは北海道のサッポロファクトリーで、約82m2から現在約1157m2となる大型店舗に成長した実績があり、今回も共創パートナーとして同社を選んだという。

<新業態「PLAY EARTH KIDS」>
新業態「PLAY EARTH KIDS」

「子ども」「自然」「遊び」をテーマにした「PLAY EARTH KIDS」は、ゴールドウインが展開するキッズアイテムを横断的に扱う初のキッズ・エディトリアルショップ。遊びと自然を通して子どもの未来をつくるためにゴールドウインが手掛ける新業態となる。

顧客から買い取ったキッズアパレルをリペアし、カスタマイズなどして再販売するプロジェクト「GREEN BATON」の初の販売店舗となる。子どものころからモノを大切に使う価値観を育みたい考えだ。

子どもの遊びを創造し、自然との関わりを豊かに広げるPLAY EARTH KIDSオリジナルの商品もそろう。

<共感を創造する店舗にと渡辺社長>
共感を創造する店舗にと渡辺社長

9月22日行われた戦略発表会で、渡辺貴生社長は「恵比寿ガーデンプレイスは単なる商業施設でなく、街づくり、公共性をデザインするというコンセプトに共感し、出店を決めた。遊びながら暮らすといったライフスタイルを提案する広い店舗で、子どもにさまざまな体験をしてもらうイベントも企画している。DCMとコラボした子どもの遊び場も設置する」と説明している。

DCMが資材を提供、ゴールドウインがデザインした遊具で、ボールを利用したり、音を使ったアクティビティーを楽しめたりとモノを売るだけでなく、遊びを作り上げるコーナーとなっている。

11月19日から開催される東京都写真美術館における星野道夫氏の写真展とのコラボも行う。

渡辺社長は「1996年に亡くなられた星野氏とはTHE NORTH FACEの製品提供など交流があった。子ども向けのスペースに星野氏の作品を設置したり、社内でも星野氏の作品を好きな社員も多かったりと、縁のある作家だ。美術館のコラボなど共感を創造する取り組みを推進する」としている。

また、キャンプ&アウトドアをテーマにした「THE NORTH FACE」は、テントやタープといったギア、多様なキャンプシーンに対応するアパレルやフットウェアなどを展開。キャンプエントリー層や、テントを購入する前に体験したい人に向けた有料レンタルサービスも実施する予定だ。

<NEUTRALWORKS.>
NEUTRALWORKS.

さらに、「NEUTRALWORKS.」は、タグライン「GET YOU READY」のもと、体と心が動き出せるレディな状態(ニュートラル)を作りだすアクティブウェアや、コンディショニングウェア、ワークウェアなどがそろう。

長年、健康医学や睡眠マネジメントに関する製品の研究開発を行う大阪府立大学名誉教授・医学博士 清水教永氏を総合監修に迎え、デザインや機能性の高いプロダクトと、高品質なサービス・情報の提供により新たなアスレチック・カルチャーを創造・発信する。新店舗では、清水教授と共同開発したマットレスなど睡眠時のリカバリーに特化した「SLEEP」コレクションを販売するほか、測定することにより自分の状態を知ることができる体組成計、3Dボディスキャンも導入する。

<リーシングでは共創を意識と中島取締役(左)>
中島氏

サッポロ不動産開発の中島信一郎取締役執行役員は「コロナ禍で、ライフスタイルが変わり、消費の意味自体も変わった。消費行動は個人の価値観を表すものにもなり、このニーズの変化には、1社だけでは対応できない。今回、リーシングでは共創を意識した店舗・企業を集めており、ゴールドウイン社は共創の取り組みをリードする存在として期待している」と述べている。

「センタープラザ」では、4月に先行オープンした地下2階フーディーズガーデンが好調に推移しており、駐車場の稼働率が高まるなど広いエリアから集客している。今後、ゴールドウインの店舗などのオープンで、3世代、ニューファミリー、DINKS、単身者といったさらなる幅広い客層の来街を期待しているという。

■店舗情報
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス センタープラザ1階
店舗面積:991.76m2

■関連記事
恵比寿ガーデンプレイス/「センタープラザ」DCM新業態など11月8日開業

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧