小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

大手コンビニ3社/増税後、キャッシュレス決済でポイント2%即時充当

販促/2019年08月20日

セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンは8月20日、消費税率引き上げに伴い実施されるキャッシュレス・消費者還元事業を受け、2%のポイントを即時充当する方針を明らかにした。

<フランチャイズチェーンへの補助の概要>
フランチャイズチェーンへの補助の概要
出典:経産省「キャッシュレス・消費者還元事業」の概要

今回、打ち出した施策は、キャッシュレス・消費者還元事業で還元される2%のポイントを会計時に即時充当する。例えば、税込1000円の買物をした場合、2%に相当する20円のポイントが即時充当され、キャッシュレス決済では980円の支払いをする。実質的には20円の値引き販売となる。流通ニュースの取材に対して各社の広報担当者が答えた。

経済産業省は10月1日~2020年6月末まで、一般の中小・小規模事業者を対象にキャッシュレス・消費者還元事業者を実施する。

キャッシュレス・消費者還元事業者では、事業に参加する中小・小規模事業者の店舗で、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど一般的な購買に繰り返し利用できる電子的決済手段を利用すると、決済金額の5%をポイントなどで消費者に還元する。

フランチャイズチェーンなどの加盟店については、中小・小規模事業者に該当する加盟店についてのみ、国から2%分のポイント還元等の原資を補助する仕組みとなっている。

大手コンビニ3社は、中小・小規模事業者とならない直営店については、2%分を本部負担とすることで、多くの店舗で、実質的にキャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗と同様の購買ができる環境を整える計画だ。

ポイント還元は、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど、決済手段ごとの仕組みに合わせて行う予定だ。ポイントを即時充当することで、消費者にとってポイント還元を分かりやすくする狙いがある。

なお、ミニストップも大手3社と同様の対応をする方針を検討しているという。

■キャッシュレス・消費者還元事業
https://cashless.go.jp/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧