小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンリテール/千葉県内33店で県産品を応援販売「うまいもの千葉」

販促/2020年05月28日

イオンリテールは5月28日~31日、6月12日~15日、千葉県内の総合スーパー「イオン」「イオンスタイル」全33店で、県産品の拡販を通じて地域経済の活性化を目指す「うまいもの千葉」を開催する。

<鮮魚売場の専用コーナー>
鮮魚売場の専用コーナー
※写真はイオンスタイル幕張新都心店(以下同じ)

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言で、外出自粛、学校休校、飲食店への時短営業要請などがあり、生鮮食品を含む食料品の流通に変化が生じている。

本来、外食向けや給食向けに出荷される野菜、鮮魚、精肉などの生鮮食品や加工食品、日配品など、売場を失う例もある。

そこで、イオンリテールでは5月13日から順次、営業を再開するイオンモールの核店舗「イオン」「イオンスタイル」を中心に、地域の鮮魚や銘柄牛、牛乳などの販売を拡充している。

<青果の専用コーナー>
青果の専用コーナー

今回は、千葉県内取り組みで、毎年、6月14日の千葉県民の日に合わせて実施している企画を、2回に増やし、開催日を前半4日、後半4日、合計8日間とすることで、県産品の拡販を目指す。

イオンスタイル幕張新都心店では5月28日から、特設コーナーを設け、白子のたまねぎ、房総びわ、いも豚、はまぐり、地元菓子の「雷鳥」、地元乳業メーカーの「牛乳」、地酒など約110品目を販売する。

<豚肉の専用コーナー>
豚肉の専用コーナー

前半は、常時取扱いがある通常の仕入れルートの商品を集めたが、6月12日から開始する後半は、業務用商材、お土産用商材など、普段は取扱いのない商品も展開し、最大282品目を販売する。

<千葉の特産落花生を使用した加工食品>
千葉の特産落花生を使用した加工食品

今年は、開催期間を昨年の2倍に拡大しているため、売上目標は昨年の「千葉県産品フェア」との対比で2倍を計画している。

現在は、緊急事態宣言の移行期間であるため、チラシによる販促は自粛している。そのため、店頭で、1品の陳列量を増やし、視認率を高めることで、商品をお客にアピールしている。

<地元乳業メーカーの牛乳など>
地元乳業メーカーの牛乳など

地元生産者を応援する取り組みは5月13日から、イオンスタイル名取、イオンスタイル松本、イオン浜松志都呂店、イオン鈴鹿店、イオンスタイル徳島の5店舗でも実施している。

今後も、同様の取り組みを順次、全国で拡大する予定だ。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧