小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブンイレブン/エシカルプロジェクトで食品ロス2割削減

販促/2020年06月26日

セブンイレブン・ジャパンは6月26日、食品ロス削減の取り組みであるエシカルプロジェクト本格導入1カ月の実績を発表した。

5月11日から6月10日までの31日間で、対象の7分類において、昨年と比べ全国平均で1店あたり約2割の食品ロス削減効果につながったという。

エシカルプロジェクトは、社会的な課題となっている「食品ロス」 の削減を目的として、販売期限が近付いたおにぎりや弁当などを購入したお客にnanacoボーナスポイントを付与する施策。

対象商品をnanacoで購入したお客の人数は約592万人だった。

対象店舗は、全国のセブンイレブン店2万930店(5月末現在)で、対象時間は、販売期限の 5時間前から。チルド弁当等の一部商品は販売期限の9時間前からポイントを付与する。対象商品は、店舗により実施状況が異なる場合がある。

対象商品をnanacoで購入すると、セブンイレブン店頭価格税抜の5%分のnanacoボーナスポイントを付与する。ボーナスポイントは、即時付与となる。

対象商品は、弁当や麺類等など合計7つのカテゴリーの商品で、上記の対象シールが貼られた商品となる。

■エシカルプロジェクト
https://www.sej.co.jp/products/ethical.html

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧