メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マルエツ/「谷中銀座商店街」最寄りに、都市型小型店をオープン

2017年12月07日店舗レポート

関連キーワード:

店舗レイアウトでは、狭い売場面積を生かして、商品の利用シーンを意識した構成を目指した。

<コーヒー売場の前にデザートを配置>
コーヒー売場の前にデザートを配置

<デザートコーナー>
デザートコーナー

加工食品のレギュラーコーヒー売場の前の冷蔵ケースにはデザートコーナーを配置した。

<冷食のお弁当材料とお弁当グッズを併設>
冷食のお弁当材料とお弁当グッズを併設

冷凍食品のお弁当向け材料売場には、アルミカップや保冷バックなど、お弁当に使用する生活雑貨を併設した。

<鍋商品は、鮮魚売場横で展開>
鍋商品は、鮮魚売場横で展開

鍋つゆなど鍋に関する調味料を集積した「鍋コーナー」は、精肉部門、鮮魚部門、日配部門の冷蔵ケースに近いエンドに配置することで、関連購買をしやすい売場を目指した。

<生活用品も豊富にそろえた>
生活用品も豊富にそろえた

部門別アイテム数は、精肉252、青果160、鮮魚168、デリカ210、日配1400、酒を含む一般食品4150、生活用品900で、合計7240アイテムを販売する。

<一般食品はハイゴンドラで品ぞろえを確保する>
一般食品はハイゴンドラで品ぞろえを確保する

売上構成比は、精肉9.8、青果19.8、鮮魚5.9、日配20.6、一般食品19.3、酒6.6、デリカ14.5、ベーカリー0.5、生活用品2.8となっている。

<冷蔵ケースを多用し日配商品の豊富さを演出>
冷蔵ケースを多用し日配商品の豊富さを演出

部門別尺数は、精肉28、青果57、鮮魚18、日配129、一般食品297、酒61、デリカ47、ベーカリー5。狭小店舗であっても、冷蔵ケースをしっかりと配置することで、日配食品の豊富な品そろえを打ち出した。

<化粧品も販売>
化粧品も販売

毎日の暮らしに必要な食品スーパーマーケットとして、ワンストップショッピングの利便性を提供するため、日用雑貨では、消耗品に加え、ペットフードや化粧品といった商品までを集めた。

<レジ前スペースも売場として有効活用>
レジ前スペースも売場として有効活用

レジ前では、フック型什器を活用して、主に日用雑貨商品を販売。コンビニエンスストアのように、生活必需品がすべてそろう品ぞろえを実現した。

次>> プライベートブランドは「マルエツ365」を中心に展開

<前へ 次へ> 1 2 3

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方