小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

オンワード樫山/SC向け新ブランド9月開始、イオンモールなどに展開

オンワード樫山は9月、ショッピングセンター中心に出店する「Field Dream(フィールド・ドリーム)」をリブランディングし、開始する。5月22日マスコミ・関係者向け展示会を開催した。

<Field Dreamは20代後半~40代のファミリーをターゲット>
Field Dreamは20代後半~40代のファミリーをターゲット

新生「Field Dream」のコンセプトは、「お客様主体の買い物ができるブランド」。

お客が商品を選びたくなり、買い物を通じて様々な体験をし、コミュニティ内で共有したくなるブランドを目指す。

2018年秋に、イオンモールなどショッピングセンター中心に出店する。初年度15店舗の出店、2019年2月までの半年弱で売上7億円を目標にしている。

<ショップイメージ>

旧「Field Dream」(2001~2016年)は、適正プライスでモノにこだわるファミリー向けに展開していた経緯があり、今回、顧客層も重なることから、リブランディングし再始動する。

2018年2月末で204万人となった、オンワードメンバーズ会員中心に既存顧客にPRするとともに、WEB、SNSを活用し、SCという百貨店以外の新たな流通からの顧客取り込みを図る。

主要ターゲットは、ミレニアル世代を中心に20代後半~40代のファミリー。

同社では、ターゲット層を「ココカナ世代(コ=個人、コ=コミュニティ、カ=家族、ナ=仲間)」と設定し、小さなコミュニティ、つながりを求め、地域でのコミュニケーションを重視する層を呼び込む商品、様々なイベントを展開する。

<温かみのある店舗デザイン>
温かみのある店舗デザイン

店舗規模は、平均約248m2に設定し、木目調、グリーンを使った温かみのあるデザインを採用。

商品を男女問わず、アイテム別に陳列。ECなどで商品を吟味し、ほしいアイテムを探しに来る顧客に向け、家族で同じ場所で購入できることを狙った。

「ジェンダーレス」「カスタマイズ」「コミュニティ」「デジタル・コミュニケーション」をキーワードに、レディス、メンズ、キッズのカジュアルな商品をそろえた。

<ジェンダーレスな商品増やした>
ジェンダーレスな商品増やした

商品テーマは、「まわる、つづく、つながる、服」。ジェンダーレスで、男女、親子がお互いの服を共有できる商品を増やし、自分だけのカスタムが可能なTシャツ・スウェットを用意。

<Tシャツ・スウェットをアプリで注文>
Tシャツ・スウェットをアプリで注文

アプリでの注文で、Tシャツ・スウェットをベース、カラー、デザインを選び、自分好みの一着を作ることができる。

<デザインなど統一感のあるコーデが可能>
デザインなど統一感のあるコーデが可能

デザイン・素材・色みは、レディス、メンズ、キッズで共通し、家族で統一感のあるコーディネートを楽しめる。

オーガニック・コットン、エコファー、エアコンダウンなど持続可能で、環境負荷を低減した素材を使った商品も多くラインナップする。

アイテム別価格帯(税別、レディス、メンズ、キッズ共通)は、ボトムス4900~8900円、洋品1500~9800円、アウター5900~1万2800円、服飾雑貨1000~7900円。

カテゴリー構成は、レディス40%、メンズ30%、キッズ15%、服飾雑貨15%。

次>> ショップコンセプトは「サードプレイス」、デジタルで接客サポート

次へ> 1 2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧