流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ビオセボン/赤坂にイートイン併設の7号店を出店

2018年11月09日 16:50 / 店舗レポート

店舗後方には、調理が必要な素材を中心とした商品を展開。壁面の冷蔵ケースでは、持続可能な漁法で取った魚であるMSC認証を取得した魚や飼料にこだわったオーガニックビーフなど販売する。

<グリーンアイの牛肉・豚肉>
グリーンアイの牛肉・豚肉

イオンが販売するオーガニックのプライベートブランドグリーンアイの牛肉、豚肉、鶏肉も販売する。

イオングループの通常店舗で販売する商品であっても、オーガニックというコンセプトに合致する商品があれば、ビオセボンでも販売する。

<トップバリュの商品も販売>
トップバリュの商品も販売

水産物にはオーガニック認証といった概念がないため、ムール貝、ロブスターなど一部商品では、トップバリュの商品も展開している。

<仏ビオセボンのプライベートブランド>
仏ビオセボンのプライベートブランド

仏ビオセボン社のプライベートブランド商品も展開。ビオセボンのプライベートブランドは、オリジナル名称がなく、各商品部門ごとのイメージに合わせた名称やパッケージとすることで、比較購買をしやすくしている。

<冷凍のオーガニックビーフ>
冷凍のオーガニックビーフ

オーガニック認証を取得した商品は、日本国内ではまだ少数で、アイテム・数量ともに限られている。そのため、畜産商品では、ビオセボンが独自に産地の開拓もしている。

冷凍のオーガニックビーフといった生鮮のほか、牛乳、ヨーグルト、鶏肉加工品などの畜産加工品の開発を牧場と共同で行っている。

<秋川牧園のヨーグルト>
秋川牧園のヨーグルト

秋川牧園と協力し、牛肉、牛乳、ヨーグルト、鶏肉、鶏肉加工品など、さまざなま畜産商品を開発している。

オーガニック商品もまだ認知度が少なく、生産しても適正な価格で販売できるか不明な点もあり、生産者が増えない一因ともなっている。

ビオセボンが確実に販路となることで、牧場も安心して商品開発をすることができるという。

<冷凍野菜も販売>
冷凍野菜も販売

冷凍野菜も好評で、オーガニック認証を受けたじゃがいものマッシュや有機ごぼうのペーストなどが売れ筋商品となっている。

<農産加工品コーナー>
農産加工品コーナー

ドライフルーツ、ドライトマトなどの農産加工品も販売しており、全国各地の産地を開拓している。

<バルク販売コーナー>
バルク販売コーナー

ドライフルーツ、チョコレート、グラノーラなどを20gから量り売りで販売するバルク販売コーナーも展開。

赤坂店は店舗面積が小さいため、バルク販売コーナーでは、調理の必要がない即食性の商品を中心とした品ぞろえとして、アイテム数を絞り込んだ。

バルク販売コーナーでは、試食にも対応しており、味を確かめた上で商品を購入できる。

ビオセボンでは、チーズやチョコレートなど他の商品カテゴリーでも定期的に試食を実施しており、オーガニック食品を体験できる機会を増やしている。

<ワインコーナー>
ワインコーナー

赤坂店の周辺には酒販店も多いため、酒のアイテム数は絞り込んだ。ワインを中心に、クラフトビール、クラフトジンなどの輸入商品を販売する。

ワインコーナーはバルク販売コーナーに隣接しており、ワインと相性のいいドライフルーツやチョコレートなどの関連販売も狙う。

ワインでは、小瓶の商品が欲しいという声に対応し、赤坂店では小瓶のワインの品ぞろえを増やした。

<オーガニックの種も販売>
オーガニックの種も販売

オーガニックの野菜の種も販売し、ガーデニング商品も展開する。オーガニックの猫用の草も販売し、さまざなま生活シーンでオーガニックを訴求している。

現在、ビオセボンカードの会員数は約2万人で、着実に会員数を伸ばしている。会員数を拡大するだけでなく、リピーターとなる会員比率の向上を目指している。

今後の出店は、単なるオフィス街ではなく、ある程度、足元に住宅街がある立地を想定しており、路面店のほか商業施設内への出店も検討している。

来期も首都圏で今期と同様の出店を目指しており、オーガニックの認知度と市場を拡大したいという。

店舗概要
所在地:東京都港区赤坂4-3-6
A-FLAG赤坂1階
営業時間:平日8時~22時、土日10時~21時
アクセス:千代田線「赤坂駅」徒歩3分
丸ノ内線・銀座線「赤坂見附駅」徒歩4分
駐車場:無
店舗面積:約200m2
アイテム数:2200

<前へ 1 2 3

関連記事

関連カテゴリー

店舗レポート 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧