小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本フードサービス協会/8月は12か月連続の前年超えで3.5%増

日本フードサービス協会が発表した外食産業市場動向調査によると、外食産業の8月度売上状況は、前年同月比3.5%増となり、12か月連続して前年を上回った。

<売上高と店舗数の伸び率の推移>
売上高と店舗数の伸び率の推移

8月は、東京で21日間連続降雨を記録するなど、東日本・北日本は日照時間が少なく低温の日が続き客足に影響したものの、各社のキャンペーンなどの集客努力もあり、リオ・オリンピックの開催で外食需要が低調だった昨年と比べると客足は上回った。

ファーストフード業態は、全体売上は4.9%増と前年を上回った。

洋風は、各社まちまちであったものの、地域対決キャンペーンなどのメニュー企画が奏功し、売上は8.0%増。和風は、朝食の新メニューやセットメニューが好評で客単価が上昇し、売上は1.4%増だった。

麺類は、夏の新メニューで集客がアップ、店舗数増もあり、売上は5.1%増。持ち帰り米飯・回転寿司は、店舗減や天候不順で、売上0.3%減となった。

その他は、アイスクリームがゲームアプリとのコラボキャンペーンで客数を伸ばし、売上は5.5%増となった。

ファミリーレストラン業態は全体売上は2.1%増と前年を上回った。

業種別では、洋風は、天候不順で客数が伸び悩んだものの、フェアやサイドメニューの販促で客単価が上昇したところがあり、売上は1.5%増。

和風は、繁忙期であるお盆の時期の雨が客足に影響し、売上1.1%減。中華は、引き続きお得な会員カードキャンペーンなどが奏功し、売上3.0%増。焼き肉はお盆の時期の集客が好調で、売上は9.1%増となった。

パブ・ビアホールは、ビアガーデンなど季節店舗は天候不順の影響で不調だったが、サッカーなどスポーツイベントで集客した店があり、売上1.0%増となった。居酒屋は依然店舗減の影響が強く、売上は1.3%減だった。

ディナーレストラン業態は、8月は各社まちまちであったが、首都圏などで気温の低い日が続いたことから、鉄板焼きなど温かいメニューが売れ、売上は6.2%増となった。

喫茶業態は、天候不順で客数は伸び悩んだものの、国産食材や増量を訴求した夏物ドリンクが好評で客単価を押し上げ、売上は2.2%増だった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧