小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本チェーンストア協会/2017年は2年連続前年割れ、0.9%減の12兆9175億円

日本チェーンストア協会が発表した2017年暦年のチェーンストア販売概況によると、総販売額は12兆9175億円(店舗調整後の前年同期比0.9%減)となり、2年連続のマイナスとなった。

<過去10年の暦年ベースの販売動向>
過去10年の暦年ベースの販売動向

1~3月は食料品は比較的堅調な動きだったが、衣料品、住関品は天候不順の影響などもあり伸び悩んだ。

4月以降は、食料品はまずまずの動きだったが、衣料品、住関品は気温低下も影響し動きは鈍かった。

7月以降も、食料品は農産品が相場安の影響もあり苦戦し、衣料品、住関品は天候不順要因もあり総じて動きが鈍かった。

9月は、食料品では農産品が苦戦し食中毒問題で惣菜も苦戦、住関品の動きも鈍かったが、衣料品は堅調に推移した。

10~11月は、食料品では相場安の影響で農産品が苦戦、衣料品、住関品も長雨や台風など天候不順の影響を受け苦戦した。

12月は食料品、衣料品の動きは良かったものの、住関品の動きは鈍かった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧