メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日販/2017年の雑誌・書籍・コミック売上4.7%減

2018年02月16日月次

日本出版販売が発表した2017年の雑誌・書籍・コミック売上動向によると、雑誌・書籍・コミック合計売上は前年比4.7%減となった。

雑誌は6.6%減、書籍は1.9%減、コミックは9.5%減となった。

2016年と2017年の売上シェアを比較すると、雑誌が31.1%から30.0%、コミックが22.1%から20.7%と落ち込む一方、書籍が44.7%から46.8%と伸長した。

書籍は、文響社の「うんこ漢字ドリル」が貢献した学参書が、前年比7.8%増と売上を大きく伸ばした。

学参書は、2015年から3年連続で100%超となった。

コミックは、雑誌・書籍・開発品扱いの集計を始めた2014年は、3.6%増と成長ジャンルだったが、2015年4.9%減、2016年5.5%減と落ち込み、2017年は9.5%減とさらに大きく落ち込んだ。

海賊版サイトの横行や電子化の影響を強く受けた結果となった。開発品は、宝島社以外にも、スクラッチアート関連本が好調だった学研プラスも売上を大きく伸ばし、全体で2桁伸長となった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方