小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本百貨店協会/9月売上高3.0%減の4197億円、3カ月連続マイナス

日本百貨店協会が発表した9月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象79社・219店)の売上総額は約4197億円(前年同月比3.0%減)となり、3カ月連続のマイナスとなった。

9月の売上高は、2度の台風上陸や北海道胆振東部地震などの度重なる自然災害により、多くの店舗で休業や営業時間の短縮を余儀なくされたことが響き3.0%減となった。

顧客別では、国内市場(シェア94.1%/3.5%減)が3カ月連続でマイナスとなったが、インバウンド(シェア5.9%)は、台風による関西空港一時閉鎖の影響を受けた大阪を名古屋や福岡等他地区が補う形で、6.3%増の約246億円と22カ月連続でプラスだった。

地区別では、10都市が2.5%減とマイナスに転じた。3地区(東京、横浜、福岡)は前年をクリアしたが、台風や地震の影響を大きく受けた大阪(4.1%減)・札幌(11.1%減)等7地区で対前年減となった。

地方(10都市以外の地区)は4.1%減と前月(3.0%減)からマイナス幅を広げた。

商品別では、雑貨が0.6%増と22カ月連続プラスとなった。

秋のメイクアップやスキンケアが人気で国内外共に堅調な化粧品(1.8%増)と、高級腕時計が引き続き好調な高額商材(美術・宝飾・貴金属/1.0%増)がけん引した。

衣料品(5.4%減)は中旬以降の気温低下でコートなどの秋冬物に動きが見られたが前年実績には届かず、身のまわり品(1.9%減)も雨の多い天候を背景にレインシューズや雨傘など一部商材が動いたものの、2カ月ぶりにマイナス転換した。

食料品は一部の地区で回復の兆しを見せたが、自然災害による集客減や商品の入荷が不安定になるなどの影響から、全国ベースでは減収傾向が続く(2.2%減/16カ月連続マイナス)結果となった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧