メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ラーメン・カレー・定食/1月既存店売上幸楽苑1.1%減、ほか7社増

2022年02月21日月次

関連キーワード:

ラーメン・カレー・定食8社が発表した1月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺12.0%増、王将フードサービス7.2%増、リンガーハット14.5%増、ハイデイ日高29.2%増、幸楽苑1.1%減、いきなりステーキ6.3%増、壱番屋6.7%増、大戸屋26.8%増だった。

■トリドールホールディングス(2021年3月期:売上高1347億円)
全業態既存店売上高13.3%増、客数9.3%増、客単価3.6%増。
全店の売上高13.5%増。

うち丸亀製麺は売上高12.0%増、客数8.7%増、客単価3.1%増。

1月は出店0、閉店4、丸亀製麺店舗数834店、全店店舗数1025店。

■王将フードサービス(2021年3月期:806億円)
既存店の売上高66億4800万円(7.2%増)、客数638万7000人(5.4%増)、客単価1041円(1.7%増)。

全店の売上高68億5100万円(9.5%増)、客数659万2000人(7.9%増)、客単価1039円(1.5%増)。

1月は出店0、閉店2店、1月末店舗数732店舗。

1月は、新型コロナウイルスの急激な感染拡大に伴うまん延防止等重点措置の適用により、直営店舗477店舗が営業時間の短縮やアルコールの提供制限などの制約を受けた。こうした中で、直営全店売上高、既存店売上高は前年を上回る成果を収め、また、1月3日には単日比で過去最高となる3億3100万円の売上を記録した。

その主な要因として、テークアウト・デリバリー売上を引き続き高い水準に維持したまま、店内売上を前年同月比16.4%増と大幅に伸長させたことが挙げられる。こうした成果を収められたのは、コロナ禍においても店舗のQSCレベルを着実に向上させる努力を重ね、フェア商品などのタイムリーな販促活動を実施したことによるものと考えているという。

■リンガーハット(2021年2月期:340億円)
既存店売上高14.5%増、客数6.7%増、客単価7.3%増。

うちリンガーハットは売上高14.8%増、客数6.2%増、客単価8.1%増。

浜かつは売上高12.8%増、客数9.7%増、客単価2.8%増。

全店売上高8.2%増、客数0.2%増、客単価8.0%増。

1月は出退店0、期末店舗数はリンガーハット601、浜かつ85、その他5、合計691店。

■ハイデイ日高(2021年2月期:295億円)
既存店売上高29.2%増、客数25.1%増、客単価3.3%増。

全店売上高31.8%増、客数26.7%増、客単価4.0%増。

全店売上高の2020年2月期1月との比較は、26.6%減。

出店0、退店2店、店舗数443店。

■幸楽苑(2021年3月期:売上高265億円)
既存店売上高1.1%減、客数3.5%増、客単価4.5%減、店舗数418店。

全店売上高5.6%減、客数0.1%増、客単価5.7%減、店舗数425店。

1月前半は12月からの流れと変わらず客数は前年を上回って推移したが、後半はオミクロン株の感染拡大、まん延防止等重点措置の発令の影響を受け、客数は減少に転じた。

旧WEBメディアサイト「KOURAKUEN life」をリニューアルし、1月11日より「KOURAKUEN style」として新たにスタートした。コンテンツ内容も一新し、らーめんと共に作る健康で楽しいライフスタイル提案などの親しみやすい企画や、環境や地域社会の学びにつながるSDGsコンテンツなど、多様な内容で展開している。

■ペッパーフードサービス(2021年12月期:売上高189億円)
いきなり!ステーキの既存店売上高6.3%増、客数4.1%減、客単価10.8%増。
全店売上高11.4%減、客数19.8%減、客単価10.4%増、国内店舗数223店。

レストラン事業の既存店売上高12.2%増、客数3.8%減、客単価16.7%増。
全店売上高13.7%増、客数1.2%増、客単価12.4%増。国内14店舗。

1月17日~3月6日、いきなり!ステーキ全店(UENO3153店除く)にて、US産フランクステーキを販売する(200g税込1650円、300g2350円)。

1月21日より、いきなり!ステーキ キッチンカーにて、「でっかいエビフライ」の販売をスタートしている(エビフライ1本400円)。

■壱番屋(2021年2月期:売上高442億円)
既存店売上高6.7%増、客数7.2%増、客単価0.5%減。

全店売上高6.0%増、出店6、退店8、店舗数1464店。

客数は、まん延防止等重点措置が都市部を中心に発出されたことによる落ち込みがあったものの、緊急事態宣言が発出されていた昨年ほどの影響はなかったという。

■大戸屋(2021年3月期:161億円)
既存店売上高26.8%増、客数27.9%増、客単価0.9%減、店舗数293店(FC店169店)。

全店売上高21億4166万円(22.3%増)、店舗数303店(FC店174店)。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月06日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方