流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





スーパーマーケット/11月の既存店売上2.0%増、2カ月連続のプラス

2022年12月23日 10:40 / 月次

オール日本スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、全国スーパーマーケット協会は12月21日、11月実績速報版のスーパーマーケット販売統計調査を発表した(集計企業270社)。

<11月実績>

 部門 前年同期比
全店 既存店
総売上高 3.3%増 2.0%増
食品合計 3.7%増 2.3%増
非食品 1.6%減 2.1%減
その他 5.9%減 5.5%減

総売上高は9502億7568万円(既存店前年同期比2.0%増)となった。うち食品合計は8600億1061万円(2.3%増)、非食品686億1284万円(2.1%減)、その他216億5270万円(5.5%減)だった。

食品合計のうち、生鮮3部門合計3240億6985万円(1.2%増)、内訳は、青果1257億1192万円(1.6%増)、水産805億8814万円(1.2%減)、畜産1177億6979万円(2.6%増)となった。総菜は1002億3345万円(4.6%増)、日配は1917億5604万円(3.8%増)、一般食品は2439億5127万円(1.7%増)となっている。

■スーパーマーケットの関連記事
スーパーマーケット/10月の既存店売上1.4%増、3カ月ぶりのプラス

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧