小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

流行心理を解説/アイディアの出し方とヒット商品づくり、9月4日・11日

セミナー/2019年08月05日

流通経済研究所は9月4日・11日、「第4期流行心理ゼミナール~アイディアの出し方とヒット商品づくり~」を開催する。

流行が生まれる仕組みとその背後にある消費者の心理を学び、演習を通じて、アイデア発想力と流行創造力を身につけるセミナーとなっている。

消費者の求める流行心理の視点から、ヒット商品を生み出す力を養う。最新の流行トレンドをレビューしながら、消費者の求めるヒット商品とはいかなるものかをさまざまな角度から学ぶ。

グループ演習では講義内容を踏まえて、徹底したアイディア出しやクリエイティブな思考や発想法などをトレーニングすることで、ヒット商品づくりを目指す。

修了課題では、具体的な商品を想定し、ヒットする新商品や既存商品のイノベーションに関する商品の企画を作成。各回で参加者同士のディスカッションを通じ、業界を超えた異なる視点や発想法に触れる貴重な学びの機会が得られる。

新規開発、商品開発で新鮮なアイディアを出したい、売れる商品の消費者インサイトをもっと知りたい、他社と差別化するプライベートブランド商品を作りたい、メーカー、卸、小売の商品開発部、マーケティング部、営業企画部などの担当者にお勧めだという。

■開催概要
開催日時:2019年9月4日・11日(13:00~17:30) 全2回開催
※講座終了後、参加者の懇親会の開催を予定
会場:流通経済研究所 会議室
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
参加費:1人税込84,240円
2人税込15万1200円
3名以上の参加は要相談

■詳細・申込
http://www.dei.or.jp/seminar/mode_psychology.html

■プログラム
第1講:9月4日13:00~17:30
クリエイティブな思考法の実践
講義
1、消費者の求める流行心理を学ぶ
2、アイディア創出のさまざまなフレームワークを学ぶ
演習
1、アイディアを次々と生み出すアイデア出しの手法を実践(ワークシート)
→FC法、メタファー・シネクティクス法、マンダラート法・・・
2、新商品の流行要因フレームによる演習(ワークシート)

第2講:9月11日13:00~17:30
イノベーションと商品開発
講義
1、新商品づくりに欠かせない最新流行トレンドを学ぶ
2、アイディアからイノベーティブな商品づくりへ
演習
1、コンセプト作りと流行座標軸、イノベーションマッブづくり
2、商品企画のシミュレーション、修了課題の作成0

■講師
流通経済研究所 客員研究員
日本ダイレクトマーケティング学会(JASDM)会長 
中島 純一

【プロフィール】
東京大学大学院教育学研究科後期博士課程単位取得満期退学。
東京大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得満期退学。
第一回佐藤栄作賞優秀賞を受賞 論文「人間の開発と社会」(文部省、外務省、国連大学後援)
青山学院大学、明治学院大学、東海大学、同志社女子大学教授を経て現職。
主な研究領域は、消費者行動と流行心理研究、コミュニケーション心理学、メディア・コミュニケーション論、ダイレクトマーケティング論。大学や企業で商品開発やアイディア創出フレームワークの実践指導を行う。
【主な著作】
『仕事に役立つ心理学99題』(別冊宝島) 宝島社 2015年(監修)
『増補改訂版 メディアと流行の心理』 金子書房 2013年
『コミュニケーションと日常社会の心理』 金子書房 2006年
『進化するメディアの新たなコミュニケーションと消費者行動』通信販売年鑑2006年(共著)
※その他、著書、論文、メディア出演多数

■問い合わせ先
法人流通経済研究所
担当:伊藤、渡邊
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
電話:03-5213-4532 
FAX:03-5276-5457

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧