メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イケア、ユニリーバ登壇/EC課題攻略と競争力強化を解説10月29日無料開催

2021年10月04日セミナー

日本経済新聞社は10月29日、日経MJフォーラム「ECソリューションピッチ2021~課題攻略と競争力強化の突破口~」を開催する。

<EC課題攻略と競争力強化を解説>
20211004nikkei 728x408 - イケア、ユニリーバ登壇/EC課題攻略と競争力強化を解説10月29日無料開催

新型コロナウイルス感染拡大の影響によりさまざまな分野でデジタルシフトが進み、ECは消費財販売の主戦場になりつつある。自社の強みを活かしながら競争優位に立つためには何が必要なのか。EC事業者がもつ課題の解決法やソリューション、取り組み事例を紹介する。

イケアのマルチチャネルからオムニチャネルへの道のり、アプリプラットフォーム「Yappli」、CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」、ユニリーバの社内ベンチャー制度により誕生した「ラボリカ研究所」による、パーソナライズシャンプー「Laborica(ラボリカ)」のD2C販売などを解説する。

■開催概要
開催日時:2021年10月29日(金)13:00~16:15
受講料:無料
主催:日本経済新聞社
協賛:ヤプリ、ビジネスサーチテクノロジ、プレイド、フューチャーショップ、Notaほか
申込締切:2021年10月27日(水)

■詳細・申込はこちら
https://events.nikkei.co.jp/42482/

■プログラム
13:00~13:20 オープニングセッション 「マルチチャネルからオムニチャネルへ!トランスフォーメーションにおけるイケアの戦略とは?」
イケア・ジャパン カントリーデジタルマネージャー 野崎 智子氏

新型コロナウイルス感染症により人々の暮らしが劇的に変化した。新しい環境下での消費者の行動変化に伴うニーズにいち早く応えるため、イケアがどのようにオムニチャネル化を進めているかについて解説。実店舗に足を運ぶことができない顧客にどのようにイーコマース、デジタルタッチポイントを通じて充実した買物体験を提供できるのか。イーコマースビジネスの成功の鍵となるファクターはどこにあるのか。コワーカー(従業員)のマインドセットにインパクトを与え、どのように新しい企業文化を作っていくのかといったさまざまな観点からイケアのマルチチャネルからオムニチャネルへの道のりを説明する。

13:25~13:45 ソリューションピッチ1 「顧客目線で選ばれるECに、アプリが必要な理由」
ヤプリ マーケティングスペシャリスト 島袋 孝一氏

コロナ禍において、店舗での販売活動が制限される中、多くの企業が手法を模索しながらEC活用の強化に取り組んでいる。一方で、数ある施策から自社に適した打ち手の選定に悩んでいる人も多いのではないだろうか。打ち手の一つとしてアプリがどのような役割を果たすのか。そしてアプリプラットフォーム「Yappli」が選ばれる理由を紹介する。

13:50~14:10 ソリューションピッチ2 「実店舗の購買行動に学ぶ、EC売り上げをアップする検索改善ポイント」
ビジネスサーチテクノロジ 営業部 三澤 健太郎氏

コロナ禍を受け拡大が加速し、今後も成長が見込まれるEC市場。新規参入や既存ECサイトの収益向上を目指す企業に向け、ユーザーにより選ばれるECサイトになるためには何が必要なのか?ECと実店舗の購買行動の違いを把握し、店舗接客の良さを取り込んだEC独自のWeb接客を実践する新たな検索の活用方法を、成功事例とともに解説する。

14:15~14:35 ソリューションピッチ3 「お客様を『知る』ことで、EC売上を伸ばす!KARTE導入のススメ」
プレイド Customer Experience Designer 東原 希典氏

ECを運営していく上で忘れがちな「顧客を知る」こと。これをオンラインでも実現させることで、顧客と適切にコミュニケーションを取り、顧客の体験価値を高め、結果として売上も向上させていく。このようなCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」のコンセプトを踏まえながら、A/Bテスト、カゴ落ちはもちろん、顧客一人ひとりを把握した上での商品レコメンド、チャットでのサポートなど、KARTEの実際の活用事例をデモを交えながら説明する。

14:40~15:00 ソリューションピッチ4 「OMO施策を成功させている企業は何から取り組んでいるのか?SaaS型ECプラットフォーム「futureshop」を使った課題解決事例をご紹介」
フューチャーショップ セールス・マーケティング部 安原 貴之氏

店頭スタッフのデジタル活用、実店舗とECを連動させた接客など、今の消費者行動に合わせたOMO施策が必須と言われて久しいが、実際にOMOに取り組み、成功している事業者の比率は全体から見ると多くない。しかし、デジタルマーケティングテクノロジーの進化やSNSの普及により、資本力がなくても成功するOMOモデルが「futureshop」から数多く誕生している。その背景、各社の取り組み事例を紹介する。

15:05~15:25 ソリューションピッチ5 「〜事例に見る〜CVR&LTV向上につながる「検索型FAQ」を活用したCX改善の最前線」
Nota マーケティングマネージャー 落合 純平氏

顧客接点がオフラインからオンラインへと大きく移行した。EC領域の競争が激しさを増す中でCVR向上、ひいてはLTV向上を果たすにはCX(カスタマー・エクスペリエンス)の改善が欠かせない。事例を交えながら「検索型FAQ」を活用したCX改善について解説する。

15:30~15:50 ソリューションピッチ6「未定」
調整中

15:55~16:15 クロージングセッション 「D2Cで届ける、ユニリーバの手掛ける手づくりパーソナライズシャンプー・ラボリカ」
ユニリーバ・ジャパン・サービス シニア マネジャー 鳥川 行雄氏

ユニリーバの社内ベンチャー制度により誕生した「ラボリカ研究所」では、パーソナライズシャンプー「Laborica(ラボリカ)」をD2Cモデルで販売している。製品一つひとつを手づくりで製造するブランドのこだわりと、一人ひとりのニーズを理解し、顧客に寄り添った製品を届けるための取り組みを説明する。

■問い合わせ先
問い合わせ
日経MJフォーラム「ECソリューションピッチ2021」事務局
TEL:03-6812-1064(受付時間10:00~12:00・13:00~17:00、土・日・祝日を除く)
E-mail:mjf@nikkeipr.co.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方