メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

DNP/POPデザインも最適化するAI売上予測システム

2022年03月31日IT・システム

関連キーワード:

大日本印刷(以下:DNP)は3月31日、店頭マーケティング施策の効果を高精度に予測するAIシステムの機能を拡充したと発表した。

<POPデザインも最適化するAIシステム>
POPデザインも最適化するAIシステム

DNPは、メーカーに対して、発売前の商品の売上予測シミュレーション、小売店舗でのテストマーケティングなどを支援する「DNPテストマーケティング支援サービス」を2021年1月から提供している。

今回、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングと共同で実証実験を実施。同サービスの機能の一つである、店頭のマーケティング施策の効果を事前シミュレーションする「AI売上予測システム」の精度向上と機能拡充を図った。

これにより、生活者に購入を促す店頭のPOP(Point of Purchase)のデザイン要素(色使いやフォントの大きさ・太さ)など、複数の要素を加味した商品棚づくりのシミュレーションと売上予測が可能になったという。

近年、生活者の嗜好・ライフスタイル・価値観が多様化するなか、小売店店頭での販促施策の効果を予測して費用対効果を高めたいというメーカーのニーズが高まっている。また、販促施策の一つとして店頭に設置するPOPについて、自社製品の売上につながるデザインや設置効果を定量的に把握したいというニーズもある。

DNPはユニリーバ・ジャパンと共同で、2021年6月より、DNPの協力先であるハシドラッグの店頭にシャンプー、コンディショナーなどのPOPを設置して実証実験を行い、その結果をAIに学習させることで売上予測精度を向上し、機能を拡充した。

システム導入先企業の自社商品、競合他社商品の店頭での販売価格、棚に置かれる位置(棚割り)、店頭設置の販促物などによる売上の変化を、あらかじめAIに学習させた多次元予測モデルを用いてシミュレーション。発売前の商品の適切な価格、パッケージ、他社商品との競合状況、効果的な販促ツールなど、トータルな施策の効果に関して、生活者が商品を支持する度合いを測る指針の一つである「PI値」で予測する。

「AI売上予測システム」にPOPのデザインプランの有無に加え、POPに使用する背景色(ベースカラー)、フォントのサイズ・太さといったデザイン要素が、どのように販売動向が変わるかといった予測を行う機能を組み込んだ。

ユニリーバ・ジャパンとの実証実験では、シャンプーやコンディショナーなど、お風呂で使うヘアケア商品(合計34商品)を対象に、複数タイプのPOP(スイング式、棚のレール用のカード、バックボードなど)のデザインや設置箇所などによる効果の違いについて、POSデータに基づいて分析した。その結果、メインコピーのフォントの大きさ、メインコピーのフォントの太さ(フォントの大きさよりも売上動向への関与度は低い傾向がある)、プライスカードの全体サイズ、プライスカードの背景色がPI値の上昇に寄与することを発見したという。

新機能の価格は、AI売上予測システムによる分析・提案1ブランドで330万円から。

■問い合わせ先
https://www.dnp.co.jp/contact/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方