小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/東北初のJA全農一体型店舗、農産物・農作業用品も

全国農業協同組合連合会(以下:JA全農)とファミリーマートは2月17日、山形県山形市に東北地方で初となる、ファミリーマートとJA全農の一体型店舗「ファミリーマートプラス全農ふれあい広場もとさわ店」をオープンする。

<ファミリーマートプラス全農ふれあい広場もとさわ店>
ファミリーマートプラス全農ふれあい広場もとさわ店

通常のコンビニエンスストアの商品やサービスの提供に加え、JA全農が得意とする生鮮品(青果・精肉)や日配品、JAブランド商品などを取り揃えた一体型店舗。

また、山形県ならではの山形牛や庄内豚を販売するコーナーや、JA組合員向けに農作業用品を取り揃えるなど、地域の特性を活かした品揃えを行う。

さらに、店内には20席のイートインスペースも設置し、地域住民の交流・ふれあいの場としての機能も果たす。

JA全農とファミリーマートが2014年5月に締結した「Aコープ包括業務提携」に基づいた一体型店舗は、全国で15店舗となる。

同店舗は、JA全農山形が企画し、100%子会社である全農ライフサポート山形が運営を行う。

■ファミリーマートプラス全農ふれあい広場もとさわ店
住所:山形県山形市大字長谷堂字御手作4450番地
営業時間:24時間(年中無休)
店舗面積:約262m2
売場面積:約206m2
駐車台数:38台
商品アイテム数:約3300アイテム(内、生鮮食品や日配、JAブランド関連商品300アイテム)
主な設備:イートインスペース20席、ATM、マルチコピー機、Famiポート、Wi-Fi

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧