小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

品川駅西口駅前広場/再開発で道路上空を活用、商業施設も設置

国土交通省は9月14日、国道15号・品川駅西口駅前広場事業計画「中間とりまとめ」を発表した。

国道15号・品川駅西口駅前広場については、昨年2月に道路上空を活用した未来型の駅前空間に関する整備方針をとりまとめ、有識者や民間事業協力者(京急電鉄・西武プロパティーズ・JR東日本)などとともに、事業計画の検討を進めていた。

今後は、事業計画の深化を図るための検討会を設立し、産学官連携の下で今年度内のとりまとめに向けて検討を進める。

<国道15号・品川駅西口駅前広場の将来の姿>
国道15号・品川駅西口駅前広場の将来の姿
出典:国土交通省発表資料

国道15号上空を立体的に活用することで、便利で賑わいある駅前空間を実現するのが特徴で、国道15号上空には、次世代型交通ターミナル、賑わい広場を設置する。

賑わい広場には、3~4層の商業施設を配置する想定だ。

道路上空を活用し、日本の顔となる「世界の人々が集い交わる 未来型の駅前空間」を創造する。

直結通路、アトリウム広場で、歩行者と車の空間を分離し駅と街の回遊性を向上させる。

交通ターミナルでは、バス、タクシー乗り場を集約し、国内外旅行者に観光情報の発信をする。

民間商業施設では、にぎわい空間を創出し、民間からの提案を踏まえた官民連携事業で実現を目指すという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧