小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

関西スーパー/大阪府「高槻店」一新「デリカステーション」導入

店舗/2019年10月17日

関西スーパーマーケットは10月15日、大阪府高槻市の「関西スーパー高槻店」をリニューアルオープンした。

<デリカステーション>
デリカステーション

1974年11月に開店した店舗を一新するもの。リニューアルによって、毎日の食卓をお手伝いする「デリカステーション」、食の情報発信の場となる「キッチンスマイル」などを設置し、日々の買い物をゆっくりと楽しめる、より魅力のあるお店を目指す。

デリカステーションは、「毎日の食卓をお手伝い」をコンセプトに、魚売場や肉売場で販売している食材を店内調理する「お肉のお惣菜」「お魚のお惣菜」をはじめ、健康な食生活を応援するために、「酢」「減
塩醤油」「希少糖」を使用した和惣菜などをバラエティ豊かに提供する。

お客の目の前で鉄板調理する「お好み焼き」、本格石釜で焼き上げる「イタリアンピッツァ」、地鶏昆布白だしを使い一つひとつ手づくりで焼き上げた「だし巻き玉子」や「からだ想いの野菜たっぷり彩食野菜寿司」などを販売する。

デリカアドバイザーを配置し、惣菜の知識を豊富に身につけたスタッフが、商品のアドバイスやお客からの質問に対応し、おいしさと一緒に安心を提供する。

TOMATOMA FARMは、季節に応じて品種や産地を厳選、サラダ用や加熱調理用のトマトを取りそろえ、メニューを提案し、お客の健康を応援する。

食の専門知識を持ったスタッフが、健康な食生活をお手伝いする「キッチンスマイル」を設置。「減塩」「栄養」「カロリー」「時短」など、栄養のバランスを考えたメニューを提案し、お客の健康的な食生活をサポートする。

サラダステーションでは、バラエティ豊かなサラダに加え、肉や魚、ハーブやスプラウトなどのトッピング材料やさまざまなドレッシングを取りそろえ、彩り豊かなサラダづくりを提案する。

健康に配慮した商品として、「えびの高原ハム・ウインナー」を展開。丸正フーズの厳しく衛生管理された工場でじっくり塩水に漬け込んで自然熟成、うま味を充分引き出したハムやウインナーを提供する。7大アレルギー物質(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)を含んだ食材は一切使用していない。

生鮮レンジ商品として、1日に必要な量の3分の1の野菜と、鮮度・味にこだわった魚介類や肉を組み合わせ、不足しがちな野菜をバランスよく摂取できる生鮮レンジ商品を提供する。容器ごと電子レンジでの調理が可能で後片付けも簡単、忙しい人や手軽に野菜を摂りたい人のサポートをする。

国立循環器病研究センターが提唱する「塩分を減らしてもおいしい」ではなく、「少ない塩分だからこそおいしい」という減塩の新しい考え方「かるしお」の認定商品を展開。軽く塩を使って素材やだしの旨みを引き出し、「かるしおプロジェクト」認定基準を満たした商品を取りそろえる。

からだデリとして、大阪市立大学医学部附属病院が特許を取得している「弁当用カロリー量測定システムおよび弁当用カロリー測量器」を基に考案した主食・主菜・副菜を組み合わせた、栄養バランスの取れた「1:1:1バランス弁当」を販売する。

新たな取組みとして、有機野菜を販売する。農薬化学肥料を使用せず、自然の日光や土壌、水を利用して作られた有機JAS規格認定を受けた農産物をそろえた。

また、7分間クッキングで1日に必要な量の1食分の野菜が摂れ、おかずが簡単にできるミールキットを1パック2人前で販売する。

省資源の取組みとして、食品トレーを使わない商品を提案。家庭ごみを減らしたいというお客の声や、環境に配慮した省資源の取組みとしてノントレー包装の豚肉や鶏肉を用意した。

食べきり、使いきりを意識して、野菜や肉、魚や惣菜など各売場で小容量の商品を用意する。必要な商品を必要な分だけムダなく購入できる。

サービスカウンターでは、電気・ガス・水道料金・通信販売代金や各種税金等の支払いや、買い物券などの購入など高い利便性を提供する。

■関西スーパー高槻店
所在地:大阪府高槻市白梅町4-1
TEL:072-683-3661
売場面積:1673m2
レジ台数:16台
駐車台数:818台(施設全体)
駐輪台数:454台(施設全体)
営業時間:9時~22時
従業員数:105.2人(正社員29.0人、パート・アルバイト76.2人8時間換算)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧