小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

UDリテール/2020年前半のダブルネーム業態転換店3店を発表

店舗/2019年11月22日

UDリテールは11月15日、2020年前半の業態転換第3弾として、総合スーパー「アピタ」、「ピアゴ」の3店舗を、ダブルネームの業態転換店舗として全館リニューアルオープンすると発表した。

<ダブルネーム業態転換転換店舗>
ダブルネーム業態転換転換店舗

2020年5月中旬に「アピタ本庄」(埼玉県本庄市)、「ピアゴ豊明」(愛知県豊明市)、「ピアゴ恵那」(岐阜県恵那市)をダブルネーム業態店舗へ一新する。今後、業態転換を予定する店舗は順次、発表する。

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスグループは、2022年中を目途に、「アピタ」・「ピアゴ」の約100店をドン・キホーテが持つ時間消費型の店舗作りとユニーのノウハウが有機的に結合する「MEGAドン・キホーテUNY」や「ドン・キホーテUNY」といったダブルネーム店舗への業態転換を進めている。

これまでにリニューアルオープンした店舗は、従来のお客にニューファミリーや若年層、男性客が加わったことで多くのお客に支持される店舗へ生まれ変わり、売上と客数が大きく伸長した。

11月15日までに25店をダブルネーム業態に業態転換した。2019年は、11月26日「アピタ西大和」、12月3日「アピタ福井」、12月3日「アピタ佐原東」、12月上旬「アピタ稲沢東」を業態転換する。

2020年は、2月中旬「アピタ小牧」、3月上旬「アピタ岐阜」、3月中旬「アピタ市原」、3月下旬「アピタ大口」、4月中旬「アピタ富士吉原」「アピタ魚津」を業態転換する計画だ。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧