メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/492店舗を先行改装、冷凍食品・揚げ物惣菜・青果を拡充

2021年06月22日店舗

ローソンは6月22日、新型コロナウイルス感染症拡大により大きく変化した顧客ニーズに対応し、全国492店舗を7月までにリニューアルオープンすると発表した。

<冷凍食品・揚げ物惣菜を強化>
20210622lawson1 - ローソン/492店舗を先行改装、冷凍食品・揚げ物惣菜・青果を拡充

新型コロナウイルス感染症拡大以降、大きく変化した社会、顧客の価値観に対応するため、2020年10月に「ローソングループ大変革実行委員会」を立ち上げ、「商品」「売場」「SDGs」「データ活用」「収益力向上」など様々な分野に関する施策を進めている。

今回、暮らしの一番身近にあるコンビニとして、さらに日常的に生活必需品を購入できる店舗を目指し、改装を行うもの。

リモートワークの浸透や外出自粛により、近場での買い物や自宅での食事ニーズが高まり、ローソンにおいても惣菜系の冷凍食品が約5割、食卓のおかずとなるチルド惣菜が約1割伸長した。

2020年10月~2021年2月に関東の8店で先行実験として行った改装においては、同期間の既存店と比較して、平均約1割の売上増加となったという。

今後の改装店舗拡大を視野に入れ、地域や店舗によって異なるニーズを確認するため、全国45都道府県、354の市区町村の492店舗を対象とした。

具体的には、伸長している店内厨房(ちゅうぼう)商品の強化を図るため、厨房設備未設置店へ新設(約200店舗)。コロッケや唐揚げなど、常温で販売している揚げ物惣菜を手に取りやすくするため、個包装で販売する。

ストック需要から日常使いへの変化で伸長を続けている冷凍食品について、売場を約2倍に拡大する。同じくニーズが高まっている青果を近くに配置し、買い回りしやすい売場へ改装する。

これまでデザート売場として使用していたラウンド型のケースを増設し、サラダ、惣菜なども陳列。弁当、調理麺売場との距離を近づける。

<改装例>
20210622lawson2 - ローソン/492店舗を先行改装、冷凍食品・揚げ物惣菜・青果を拡充

ニーズの高まっている日配品について、各商圏のニーズに合わせて強化(成城石井商品、無印良品、専門店商品など)していく。

さらに、自分の好みに合わせて加温したい、接触を避けたいニーズに対応し、電子レンジのセルフ化も図る。

今後、全国約5000店舗への拡大に向けて検証を進める。

<改装対象店舗>
20210622lawson3 728x562 - ローソン/492店舗を先行改装、冷凍食品・揚げ物惣菜・青果を拡充

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年07月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方