メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三菱地所/「有楽町ビル」「新有楽町ビル」建て替え、エリア再構築

2021年07月28日店舗

三菱地所は7月28日、東京都千代田区有楽町一丁目に所有する「有楽町ビル」「新有楽町ビル」を建て替えると発表した。

<有楽町ビル>
20210728mitu1 - 三菱地所/「有楽町ビル」「新有楽町ビル」建て替え、エリア再構築

「有楽町ビル」と「新有楽町ビル」は、JR有楽町駅前という好立地に位置している。「有楽町ビル」は、1966年の完工から約55年が経過。「新有楽町ビル」は、1967年の完工から約54年が経過しており、テナントニーズの高度化や脱炭素社会の実現に向けた社会的要請への対応強化、災害時における事業継続性を意識した防災機能の強化など機能更新を図る。さらに、有楽町エリアの上位計画で定められている魅力あるまちづくりに貢献すべく、建て替え計画に着手するという。

<新有楽町ビル>
20210728miyu2 - 三菱地所/「有楽町ビル」「新有楽町ビル」建て替え、エリア再構築

今後の具体的な建て替えスケジュールは未定だが、両ビルは2023年をめどに閉館する予定だ。

同社は、2020年以降の丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)におけるまちづくりを「丸の内 NEXTステージ」と位置付け、『人・企業が集まり交わることで新たな「価値」を生み出す舞台』を目指している。

三菱地所グループ「長期経営計画2030」では、有楽町エリアを重点更新エリアの一つと定め、「文化芸術・MICEを核としたまちづくりのショーケース」を目標としている。

2019年12月からは、有楽町エリア再構築に向けた先導プロジェクトである「有楽町 Micro STARs Dev.(マイクロスターズディベロップメント)」を始動しており、ビジネスセンターであるこのエリアに多様性を受け入れながら、新しい才能を発掘し活躍の場を創出することで、訪れる人を触発するクリエーティブなまちづくりを推進すべくさまざまな企画を実施してきた。

アートを通じてまちの価値を再構築する新たな取り組みを実施しており、さまざまな人・アイディア・コト・モノとの出会いを通じ、人々の感性が揺さぶられ、さらに磨かれるまちの実現に向けて事業を展開している。

<周辺地図>
20210728mitu3 728x408 - 三菱地所/「有楽町ビル」「新有楽町ビル」建て替え、エリア再構築

■有楽町ビル
所在地:東京都千代田区有楽町1-10-1
構造規模:鉄骨鉄筋コンクリート造 地下5階・地上11階・塔屋2階建
敷地面積:3551.46m2
延床面積:4万2159.08m2
竣工年月:1966年5月
所有者:三菱地所

■新有楽町ビル
所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1
構造規模:鉄骨鉄筋コンクリート造 地下4階・地上14階・塔屋1階建
敷地面積:7233.26m2
延床面積:8万3023.27m2
竣工年月:1967年1月
所有者:三菱地所

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方