流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





阪急うめだ本店/新型コロナ感染者増で食料品売場、アクセサリー雑貨売場を当面休業

2021年08月17日 12:40 / 店舗

阪急阪神百貨店は8月16日、新型コロナウイルス感染者が集中している阪急うめだ本店地下1階の「食料品売場」と1階の「アクセサリー・シーズン雑貨売場」は、8月17日から当面の間、臨時休業すると発表した。

同店は連日、一部の売場を中心に新型コロナウイルス感染者が多数発生したことにより、クラスターの状況となっている。

大阪市保健所からは、営業の可否判断については、同社に委ねられているが、改めて感染防止策を徹底するため、新規感染者が集中している売場2カ所を当面休業するもの。

今回、自主的に休業し、改めて清掃・消毒を徹底し、従業員のPCR検査を実施することで、安全に買物できる状況を再度整備するという。

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧