流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





カプリチョーザ/下北沢に新業態のスパゲティー専門店を10月オープン

2021年09月07日 15:00 / 店舗

WDI JAPANのカジュアルイタリアン・レストラン「カプリチョーザ」は9月7日、新業態のスパゲティー専門店「1978年渋谷で生まれたスパゲティ」の1号店を、10月に東京・下北沢でオープンすると発表した。

<1978年渋谷で生まれたスパゲティ(イメージ)>

店舗ではメニューとして「1978年渋谷で生まれたスパゲティ」を提供する。カプリチョーザで一番人気の「トマトとニンニクのスパゲティ」をベースにしたスパゲティーで、トッピングなどを提供しバリエーション展開する。詳しいメニュー内容と価格は後日発表する。

メニュー名は、軸となる「トマトとニンニクのスパゲティ」が、1978年にカプリチョーザの創業地の渋谷で生まれ、店の代名詞になっているスパゲティーで、かつての若者は青春時代を思い出し、今の若者には深く心に刺さる、他にはないおいしさとして味を突き詰め、こだわり、深化させ続けるという思いを込めて名付けた。

<「1978年渋谷で生まれたスパゲティ」のロゴ>

店内は、カウンター提供をメインにして、顧客がカジュアルに、素早く食事を楽しめるレイアウトを施す。また、商品をスムーズに提供するため、完全キャッシュレス決済を導入する。

また、ロゴマークは、カプリチョーザのアイデンティティーを意識しながら、ノスタルジーとコンテンポラリーが共在するデザインにした。

カプリチョーザでは、同店のファンだけでなく未経験の若い新世代の人にも、どこか懐かしいという体験ができる新しい食シーンを提供する店舗になるとしている。

■1978年渋谷で生まれたスパゲティ
所在地:東京都世田谷区北沢
開店日:2021年10月
※詳細は後日発表

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧