メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

JR東日本×パナソニック/セルフレジ決済型冷蔵・冷凍ケースで無人販売実験

2021年12月16日店舗

関連キーワード:

ジェイアール東日本都市開発とパナソニック産機システムズは12月20日、新開発の「セルフレジ決済型冷蔵・冷凍スマートショーケース(仮称)」を用いて、無人販売サービス「EKIPICK MART(エキピックマート)」の実証実験を開始する。

<セルフレジ決済型冷蔵・冷凍ケース>
20211216pana1 - JR東日本×パナソニック/セルフレジ決済型冷蔵・冷凍ケースで無人販売実験

JR総武線船橋駅直結のショッピングセンター「シャポー船橋」の共用通路に同製品3機種4台を設置し、駅ビル内4店舗が提供する食品の無人販売を行うもの。

「EKIPICK MART」は、ジェイアール東日本都市開発がコロナ禍で需要が高まった商品の非対面販売、夕食難民へのニーズに対応すべく、駅ビルの閉店時間後の駅ビル内店舗における食品購入の需要を検証してきた。今回はショーケースとセルフレジが連動することで、扉の閉め忘れ防止や販売時間の管理を可能とし、より安心・安全なサービス提供を実証実験にて検証する。

<スイーツなどを無人販売する>
20211216pana2 728x192 - JR東日本×パナソニック/セルフレジ決済型冷蔵・冷凍ケースで無人販売実験

パナソニック製「セルフレジ決済型冷凍・冷蔵スマートショーケース(仮称)」は、ショーケースにセルフレジユニットを併設した構造。セルフレジとショーケース扉の開閉状況がシステム連動することで、扉の閉め忘れや意図しない時間の販売を防止し、より安心・安全な食品の無人販売を実現するという。

セルフレジのFelicaリーダーに交通系電子マネーのカードなどをかざし、有効性が確認されると、ロックされている扉が解錠する。商品を手に取った後、扉を閉めると商品が購入できる機構となっており、扉の閉め忘れを防止する。

また、電子マネー、クレジットカード、QRコードなどのキャッシュレス決済の利用が可能。さらに、販売する商品特性に合わせて、販売時間の遠隔管理ができる。設定した販売時間以外の時間帯は解錠できない仕様となっている。

今回の実証実験では「冷蔵1ドア」「冷蔵2ドア」「冷凍1ドア」の3種類のショーケースを使用する予定だ。

今まで「EKIPICK MART(エキピックマート)」は、駅ビルの営業時間外でもお弁当やスイーツなどの食品を無人販売するサービスとして、さまざまな検証を進めてきた。6月18日より、シャポー船橋の共用通路にショーケースを設置し、5時30分から24時までパンをセルフレジでキャッシュレスに購入できるサービスの検証をしてきた。

これまでパンを7000個以上販売。駅ビルの営業時間外の売上が50%近くに達し、商品の決済率は99.8%と高いため、「誰でも」「自由に」商品を取り出して購入できるという販売サービスが成り立つことが実証できた。

そこで、さらなる取扱商品の拡充、販売場所の幅広い展開を目指し、温度管理・販売時間管理のできるショーケースを新たに開発した。

<設置場所>
20211216pana3 728x195 - JR東日本×パナソニック/セルフレジ決済型冷蔵・冷凍ケースで無人販売実験
■実験概要
実施場所:シャポー船橋(JR総武線船橋駅直結)
販売開始:2021年12月20日から
販売時間:最大5時30分から24時まで ※販売商品により異なる
設置台数:計4台:冷蔵2ドア1台、冷蔵1ドア2台、冷凍1ドア1台

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方