メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオンモール/「THE OUTLETS KITAKYUSHU」170店舗4月28日オープン

2022年03月10日店舗

関連キーワード:

イオンモールは4月28日、福岡県北九州市八幡東区に地域創生型商業施設「THE OUTLETS(ジ アウトレット)」業態2号店として、「THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット北九州)」をオープンする。

<THE OUTLETS KITAKYUSHU>
THE OUTLETS KITAKYUSHU

長年市民に親しまれたテーマパーク「スペースワールド」跡地に出店。周辺は世界遺産である「官営八幡製鉄所」、北九州市が運営する博物館などが立地しており、北九州市の観光拠点となっている。

「Meet Amazing Emotion」をコンセプトに、なりたい自分をかなえる「LIFE ENTERTAINMENT」、よりよい未来や街づくりを顧客とともに築く「SUSTAINABLE ACTION」、心から満足できる「アウトレットショッピング体験」の3つの価値を提供する約170店舗が登場、開業から1年で来場者数800万人を目指す。

基本商圏は車で90分以内、541万6000人と超広域に設定。ターゲット層は30~40代ファミリー、20代、国内外からの観光客としている。

<買物だけでない価値提供と岩村社長>
買物だけでない価値提供と岩村社長

3月10日に行われた記者会見で、岩村康次社長は「アウトレットでのショッピング体験のみならず、一度来ていただければ、さまざまな気づきや楽しみが発見できるような施設を開発した。エンターテインメントに学びを組み合わせ、科学に親しむスペースLABO(北九州市科学館)、楽しく英語体験ができるKITAKYUSHU GLOBAL GATEWAYの魅力を発信。マイクロツーリズム、地域めぐりのきっかけともなる場所を目指したい」と意気込みを語った。

近隣のリニューアルした「イオンモール八幡東」とも連携し、同施設との合計総賃貸面積約9万6000m2、約300店舗体制となる。

従来のコンテンツ提供型エンターテインメントだけでなく、「遊び」と「学び」を融合し、「好奇心」「向上心」を刺激するエデュテインメントを提供。また、八幡東田地区の博物館群と併せ、関係機関と共創のもと、「学び」を通じた拠点性(エデュケーションツーリズム拠点)の確立を図る。

<「遊び」と「学び」を融合した施設がそろう>
「遊び」と「学び」を融合した施設がそろう

スペースLABO(北九州市科学館)は、科学や技術への関心を高め、北九州市の未来を担う人材を育み、にぎわいを創出する科学館。国内最大(高さ約10m)の大型竜巻発生装置、国内最大級(内径30m)のドームに最新鋭の投映機器を備えた世界最高峰のプラネタリウムがそろう。

KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAYは、「北九州から世界へ」をキーワードに「子どもたちの未来に寄与する英語体験」を実現するために、日本にいながら海外の雰囲気と非日常的な空間の中で英語を体験し、学ぶことができる西日本エリア初の施設となっている。平日は、小学生~高校生を中心に福岡県、九州全域さらには全国からも修学旅行などと一緒に多くの生徒を招き、「体験型英会話レッスン」を提供する。週末や祝日は、幼児を含めさらに多くの人に向け、レッスンを行う。

「遊べば遊ぶほど未来が良くなる場所」をコンセプトに、遊びを通じて未来を考えるキッカケになるゲーム、遊具を世界中から集めたアミューズメントパーク「ASOBLE」も登場。トランポリンのように飛び跳ねて遊べる「ふわふわドーム」、人の力で音や光を楽しめる「シーソー」「ブランコ」「スピナー」など、次世代遊具が無料で遊べるスペース、絶滅危惧種を救うことをテーマとしたARシューティングゲーム、売り上げの一部を地域の子どもたちに寄付するチャリティークレーンなど多種多様なコンテンツをそろえた。

休憩スポット「ASOBLEカフェ」では、地球環境に配慮したメニューを販売する。

北九州市のプロサッカークラブ「ギラヴァンツ北九州」運営のフットサルスクールとして「Gira Park HIGASHIDA」を導入。人工芝のフットサルコート3面を配置し、プロサッカーチームのコーチによるスクールを運営する。

<芝生広場を備えた「アクティベーションフィールド」>
芝生広場を備えた「アクティベーションフィールド」

陸上用トラック・芝生広場を備えた「アクティベーションフィールド」を設置する。スポーツイベントの開催などショッピングのその先にある「なりたい自分をかなえる」さまざまな活動、顧客同士、地域との交流の場として展開する。隣接して出店する「全ての人が楽しめる植物の楽園」をコンセプトにした「the Farm UNIVERSAL」、フードトラック10台・150席からなる「FOOD FES ライダーズカフェ」などとともに豊かな時間を提供する。

九州最大級約140店舗のアウトレットショップが集結

九州最大級となる約140店舗のアウトレット店舗が集結。「SN NISHIKAWA×じぶんまくら」「NIKE UNITE KITAKYUSHU」といった全国初7店舗、「LANVIN COLLECTION」「TED BAKER」など九州初12店舗、アウトレット業態初出店9店舗となる。

世界を代表するインポートブランド、アウトドア・スポーツブランドからセレクトブランドなどえりすぐりのショップがそろう。

さらに、グルメでは「一風堂」、北九州のご当地グルメ「門司港発祥焼きカレー」の人気店である「伽哩本舗」、福岡発祥のパンと洋菓子の「Mannekenpis&CERES」、国内の厳選した果物を中心に販売・フルーツパーラーを展開する「Fruit factory Mooon」が出店する。

サステナビリティでは、屋上に太陽光発電設備を約1000kW新設することで一般家庭の約300世帯分に相当するクリーンな電力を提供。施設内で利用することで再生可能エネルギーの活用拡大に取り組む。

地域木材利用の循環促進、リサイクル製品の建設資材への活用、デジタルサイネージの活用などペーパーレス化、フードロス削減のためのドギーバッグ提供なども推進する。

■THE OUTLETS KITAKYUSHU
所在地:福岡県北九州市八幡東区東田4-1-1
出店店舗数:約170店舗
敷地面積:約27万m2
延床面積:約5万7000m2
総賃貸面積:約4万8000m2
建物構造:鉄骨造 地上4階建
駐車台数:約4500台(敷地外駐車場含む)
駐輪台数:約800台
設計:大林組(科学館除く)
安井建築設計事務所(科学館)
施 工 : 大林組
グランドオープン日:4月28日9時
営業時間:物販店舗10時~20時
フードコート10時~21時
レストラン11時~21時
スペースLABO10時~18時
KGG10時~18時
ASOBLE10時~21時
Gira Park HIGASHIDA10時~24時
※一部営業時間が異なる場合あり
休業日:年中無休
従業員数:モール全体約2000人
基本商圏:車90分圏・国内外観光客
https://the-outlets-kitakyushu.aeonmall.com

■「イオンモール八幡東」との合計概要
敷地面積:約33万6000m2
延床面積:約14万600m2
総賃貸面積:約9万6000m2
駐車台数:約6500台(敷地外駐車場含む)
店舗数:約300店舗

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方