小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

いきなり!ステーキ/3年半で、半期売上100億円突破

ペッパーフードサービスが7月28日に発表した2017年12月期第2四半期決算によると、いきなり!ステーキ事業の売上高は109億4100万円、営業利益11億9800万円となった。

いきなり!ステーキは2013年12月、銀座4丁目に1号店をオープンし、約3年半で売上高100億円を突破した。

今期は14店を出店し、いきなり!ステーキ事業の店舗数は129店となっている。

3月には、会員カードの肉マイレージカードの発行枚数が100万枚を突破し、その記念として「100万枚達成スタンプキャンペーン」(4月10日~5月9日)を開催した。

プリペイ―ドカード機能を持つ、肉マイレージカードのカードレス機能を開始し、いきなりステーキアプリから肉マネー(プリペイド)のチャージが可能となった。

これまで駅前など都心部を中心とした出店だったが、5月末には関東近辺の「ロードサイド」へ3店出店し、売上は好調に推移しており、今後、「ロードサイド」への出店を加速させる予定だ。

海外初出店となるニューヨークの「IKINARI STEAK EAST VILLAGE店」において、紙エプロンや「笑顔の見えるマスク」、荷物を入れる「物置き」を各テーブルの下に用意するなど日本では当たり前の事がニューヨークでは珍しく、「ジャパン・ホスピタリティー」として注目されている。

これをPR強化するため、ニューヨーク店限定ロゴ入りエプロンを作成し、ニューヨーク店限定で5月に導入した。

日本でも一部店舗(銀座4丁目店、銀座6丁目店、新橋店、虎ノ門店、神谷町店、新宿西口店、八重洲地下街店の国内7店)で5月26日から、限定ロゴ入りエプロンを導入した。

なお、ペッパーフードサービス全社の売上高は154億1300万円、営業利益12億200万円、経常利益12億300万円、当期利益6億8300万円だった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧