小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スターバックス/初のポイントサービス「スターバックス リワーズ」開始

スターバックス コーヒー ジャパンは9月20日、初のロイヤリティプログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワーズ)」を開始する。

「スターバックス リワーズ」は、WEB登録済のスターバックスカードで商品を購入することで、50円(税抜)ごとに「1Star」(1ポイント)が付き、一定数の「Star」をためるとドリンク、フード、コーヒー豆などと交換できる。

商品がもらえるだけでなく、会員に対し新商品の先行購入、コーヒーセミナーの先行予約、限定イベントへの招待など付加価値を付け、顧客の「スターバックス体験」を進化させることで、顧客とのエンゲージメントを強化する狙い。

プログラムへの参加方法は、スターバックスカードをWEB登録することで参加できる。すでにスターバックスカードを登録していると、自動的にプログラム参加となる。

「Star」のグレードには、Green StarとGold Starの2種類があり、始めはGreen Starを集める。1年以内にGreen Starを250Stars集めると、Gold Starが集められるようになる。Gold Starは150Starsごとに、好きな商品1点(税抜700円まで)と交換できるReward eTicketを公式アプリや公式ホームページで発行可能となっている。

先行して「スターバックス リワーズ」を導入したアメリカでは、会員1330万人による商品購入が売上高の36%を占めている。店舗でのモバイルによる支払いは、米国店舗での取引の30%となっており、顧客利便性とともにロイヤリティを高め、将来の1to1マーケティングに欠かせないツールとなっている。

<米国のスターバックス リワーズの状況>
米国のスターバックス リワーズの状況

日本では、2017年9月現在、店舗数が1304店と2012年に985店から32%増加している。1日当たり72万人(2012年52万人)、1週間に500万人がスターバックスを利用している。

<デジタル領域での取り組み>
デジタル領域での取り組み

同社では、商品、パートナー(スタッフ)のサービス、店舗環境などから、顧客が特別な「スターバックス体験」をすることを重視しているが、時代環境に合わせ、日本の「スターバックス体験」でもデジタルの要素を強化。2013年オンラインストアをスタートし、eTicketを開始。2014年モバイルスターバックスカード、2015年にはStarbuck Touch、2016年に公式モバイルアプリを導入した。Twitterのフォロワー数は400万人弱、オンライン会員数270万人、公式アプリダウンロード数180万ダウンロードまで増加し、デジタル分野での顧客との結びつきを強めている。

<オンライン会員数の成長率>
オンライン会員数の成長率

<WEBサイトへの訪問数の増加率>

<スターバックスカードへの入金の増加率>
スターバックスカードへの入金の増加率

9月19日行われた同プログラムの記者会見で、水口貴文CEOは、「スターバックス リワーズは、顧客に新しい体験を提供し、関係性を深めるプラットフォーム。購買、行動、SNS上の反応などのビッグデータを活用し個々人に最適な商品、キャンペーンを紹介していく。商品を差し上げるだけでなく、集めたStarを社会貢献活動に生かしてもらえるようなことも検討しており、体験を軸として『Starを集めてちょっとうれしいひと時を』提供できる取り組みを考えている」と話している。

<水口貴文CEO>
水口貴文CEO

■「スターバックス リワーズ」
http://www.starbucks.co.jp/rewards/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧