小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スターバックス/ウーバーイーツによるデリバリーサービス開始

スターバックス コーヒー ジャパンとUber Japanは11月9日、フードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のアプリを通じ、スターバックスの商品を注文できるサービスを開始した。

<ウーバーイーツによるデリバリーサービス開始>
ウーバーイーツによるデリバリーサービス開始

東京都内の3店舗においてデリバリーサービスのトライアルをスタートし、他店舗への拡大を目指す。

<ドリンクやフードを届けてもらえる>
ドリンクやフードを届けてもらえる

スターバックス ラテなどのエスプレッソビバレッジやスイーツ・スナックなどのフードメニュー、タンブラーなども含む商品がUber Eatsを通じて購入できる。

スターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文CEOは「日本でも急速に成長しているUber Eatsを通じ、スターバックスのコーヒーをお客様の日常の様々なシーンにお届けできることを大変嬉しく存じます」。

「一杯のコーヒーを通して人と人とがつながる瞬間を増やし、店舗以外でもスターバックスのコーヒーをお楽しみいただき、お客様の日常がより豊かで潤いのあるものになればと考えております」とコメントしている。

現在、日本のフードデリバリーサービスの市場規模は著しく成長している。スターバックスコーヒー ジャパンは、首都圏をはじめとする全国47都道府県に1392店舗(2018年9月末時点)を展開しており、両社は今回のトライアル導入を皮切りに、2年間で導入店舗の拡大及び取り扱い商品の充実に取り組む。

■対象店舗
・スターバックス コーヒー 新宿三井ビル店
(東京都 新宿区 西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング)
・スターバックス コーヒー 新宿マインズタワー店
(東京都 渋谷区 代々木2-1-1 新宿マインズタワー 1F)
・スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店
(東京都 港区 六本木6-4-1 メトロハット/ハリウッドプラザ)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧