メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

飲食店の人手不足/企業の5割が正社員、8割がアルバイト不足

2018年11月22日経営

帝国データバンクは11月21日、「人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)」を発表した。

<人手不足の上位10業種>
人手不足の上位10業種
※出典:TEIKOKU DATABANK, LTD.

正社員が不足している企業は52.5%で1年前(2017年10月)から3.4ポイント増加し、調査開始以来、過去最高を更新した。

業種別では「放送」(78.6%)がトップ、次いで「情報サービス」(74.4%)、「運輸・倉庫」(70.6%)の3業種が7割を超えた。

「家電・情報機器小売」も6割台となった。

また、「飲食店」(53.1%)は1年前より9.2ポイント増加しており、非正社員にとどまらず正社員でも人手不足が急速に強まっている。

規模別では、大企業が6割を超え不足感が一段と高まるなか、中小企業も初めて5割を超えるなど、企業規模にかかわらず人手不足が広がっている。

さらに、非正社員では企業の34.1%が不足していると感じている(1年前比2.2ポイント増)。

業種別では「飲食店」が84.4%(3.9ポイント増)が不足と感じている。次いで、「飲食料品小売」が56.3%(4.6ポイント減)となった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方