メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

フジ/マックスバリュ西日本の株式7.6%の買付けを決定

2019年05月23日経営

フジは5月23日、マックスバリュ西日本の株式400万株(議決権所有割合7.6%)を取得すると発表した。

2018年10月12日に発表した、フジとイオンの資本業務提携の一環。

イオングループでは、中国・四国エリアでSM事業を運営するマックスバリュ西日本、マルナカ、山陽マルナカの経営統合を進めている。

昨年のフジとイオンの資本業務提携の記者会見で、イオンの岡田元也社長は、「四国のマーケットを熟知している、フジの力の借りながら、中国・四国エリアでのSM事業の統合を進めていきたい」と述べていた。

業務提携では、商品の共同調達(ナショナルブランド商品、地域商品、輸入商品)、中国・四国地域のオリジナルプライベートブランド商品の共同開発や相互のショッピングセンター、GMS(総合スーパー)の活性化に向けた取り組み、地域の客層に合わせた店舗展開などで協議を進めている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月12日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方