メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

飲食店/「新型コロナウイルス」7割以上で売上に影響

2020年02月18日経営

飲食・フード産業特化の求人サイト「クックビズ」を運営するクックビズは2月18日、「飲食店における新型コロナウイルスの影響・対応調査」を発表した。

調査によると、新型コロナウイルス感染者が発生後、店舗の売上に影響があったかと尋ねたところ、全体の71%が影響が出ている、もしくは、今後出ると考えていることが分かった。

<新型コロナウイルス感染者が発生後、店舗の売上に影響があったか>
新型コロナウイルス感染者が発生後、店舗の売上に影響があったか

新型コロナウィルス感染者発生の報道後、外国人客の数が「減少した」と感じている飲食店は50.3%と半数程度という結果になった。日本人客に関しては「変化なし」と答えた飲食店が47.6%と半数近くだったものの、「減少した」と感じている飲食店は40.6%にも上り、外国人客、日本人客どちらも減少傾向にあるとの回答となった。

<外国人客と日本人客は減少したのか>
外国人客と日本人客は減少したのか

新型コロナウィルスの感染拡大に向けて、73.8%の飲食店が「防止対策を行っている」と回答した。対策内容については「手洗い、うがいの徹底」が88.8%、「消毒液の設置」が83.2%となっており、その他には「従業員のマスク着用」、「店内の衛生管理の強化」が続いた。

また「その他」と回答した飲食店の中には、「中国からの帰国者には、2週間の出勤停止をお願いした」「体調不良を訴える従業員に対し、こちらで医療費を負担し医療機関での受診を推進した」などの声も聞かれた。

<新型コロナウィルスの防止対策をとっているのか>
新型コロナウィルスの防止対策をとっているのか

調査は2月6日~13日、インターネットで実施し、全国の147の飲食店から回答があった。回答飲食店の展開店舗数は、1店35、2~10店62、11~100店39、101店以上11。

なお、アンケートの詳細については、問い合わせに対応している。

■問い合わせ
クックビズ 社長室 広報
y-nakanishi@cookbiz.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方