小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

吉野家/新型ウイルス影響で食事支援「テイクアウト牛丼並盛」300円

経営/2020年03月26日

吉野家は3月27日~3月31日、新型コロナウイルス感染予防の影響で家庭での食事準備支援が必要と考え、牛丼「並盛」テイクアウトを税込300円で提供すると発表した。

全国に1214店舗(2020年2月末時点)を展開する企業として、おいしくお求めやすい食事の提供で社会に貢献できるよう、3月10日から子どもの食事準備支援施策として牛丼「並盛」テイクアウトを税込300円で提供していた。

臨時休校となった子どもの食事支援として実施をしていたが、新型コロナウイルス感染症対策の影響で子どもに限らず、家庭の食事準備にも安定が必要な状況を鑑み、施策の対象を全ての顧客に拡大、個数も制限しない。

テイクアウトでの利用に限り、牛丼「並盛」を通常価格税込380円のところ、税込300円で販売する。

「並盛」以外の大きさの牛丼については、牛丼「並盛」の割引分と同様、本体価格から74円引きとする。

受け取り時間の短縮を希望する場合は、スマートフォンから事前に注文を行う「スマホオーダー」を利用すると、指定時間に待つことなく出来立ての商品を受け取ることができるという。

■食事準備支援施策
期間:3月27日(金)10時~3月31日(火)24時まで
対象:牛丼(全サイズ)テイクアウトのみ対象
対象店舗:全国の吉野家店舗
※一部店舗では、実施していない。
※一部店舗では、牛丼の価格が異なる。

■テイクアウトスマホオーダー詳細
https://www.yoshinoya.com/service/bentou/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧