小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/「麻布十番店」従業員が新型コロナウイルス感染

経営/2020年04月01日

ファミリーマートは4月1日、フランチャイズ加盟店「ファミリーマート麻布十番店」(東京都港区)の従業員1人が、新型コロナウイルスに感染したことが、3月31日(火)に判明したと発表した。

同店舗は、4月1日(水)10時より一時休業し、店舗の消毒・清掃作業を行っている。

また、同店舗の全従業員および健康状態確認いている。現時点で、同店舗において、ほかに体調を崩している人はいないという。

■従業員が勤務していた店舗名
ファミリーマート麻布十番店(住所:東京都港区麻布十番3-10-13)

■感染者
ファミリーマート麻布十番店の従業員1人(20代男性)
※東京都外在住(行政の指導により、東京都外在住、との表現を使用)

■直近における当該従業員の勤務実績及び経緯 
・3月19日(木)12時~22時
・3月20日(金)22時~翌5時
・3月21日(土)17時~22時
・3月22日(日)17時~22時
・3月23日(月)17時~22時
・3月26日(木)12時~22時
・3月27日(金)9時過ぎ、同従業員から、当該店舗へ電話にて発熱の連絡あり。
・3月31日(火)19時過ぎ、PCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判明、現在入院中。
※同従業員は、上記勤務時においてマスク着用を励行。同従業員において発熱等の症状はなく容体は安定しているという。

今後も引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大の可能性に備え、政府や各行政機関と連携しながら、全国のファミリーマート店舗において、感染予防を徹底。出勤時における手洗い・消毒の実施、勤務中におけるマスク着用、ファストフード商品などの提供時における手洗い・消毒の実施に取り組む。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧